Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2008年06月

よく言われる誤解3つ

最近また色々言われたので、今回は自分に関してよく言われる誤解を3つ。

1.のりは忙しい。

もっと時間があればと思うが暇である。このブログの更新頻度を見れば明らかである。従って私が「忙しい」と言う時は基本的に社交辞令(50%)か興味の欠陥(49%)か本当に時間のない時(1%)を意味するだけである。ただし人の言う「忙しい」には様々な理由があるのも承知 (whatever)。

2.怖い。

私を知る者にとっては意外なイメージのはず。このブログでの表現の仕方が原因だろうが、逆である。一般的に私は年下や社会的弱者の味方だと思っているから。逆に権威に対して立ち向かう傾向があるため、年上の方で私に噛まれた人は多いはず。

3.頭が良い。

これも私を知る者は誤解だと知っている。親友を含め友達、そして先生方には一度もそう言われた事がない。何度も書くが私は自分に足りない賢さや能力を努力で補っているだけである。

今週後半の出来事

7e9bb821.jpg
水曜午前10時にイギリス大使館。現在訪ワ中の英国内諜報部長とアポが取れたので1時間強インタビュー。イスラム系団体の情報、パキスタンの内情をガッツリ入手。正午職場に到着、仕事を進める。午後3時、ランドの研究員と会談のために機密のフロアへ。相手は心の通い合うフェロー政治学者。話の内容はイラクの軍事状況について。

木曜、職場に午前8時半到着。午前中は仕事を済ませ、正午過ぎにダウンタウンへ向かいCSISへ。「日米同盟に関わる新世代による会議」とやらに参加。参加者数は約15名で日米割合は五分五分、日本側の参加者は過半数が若手外交官。会議の内容は日米関係における核抑止と拡大抑止について。アプローチの仕方に気になる点があったので会議中に指摘させて頂く。2時過ぎに職場に戻る。

3時、研究員のジョンとの会談のため機密のフロアへ。話の内容はアフガニスタンのテロ状況について。ランドは予想以上に軍事オタクな場所で、多くの研究員のオフィスにはプラモデルが飾ってある。米空軍が主な顧客であるため当然戦闘機・爆撃機をよく目にするのだが、先日話をしたデービッド(私のボスとは別人)のオフィスの半分は文字通り戦闘機で埋まっていた。どうやって仕事をしているのか、果たして仕事をしているのか不思議に思う。今回のジョンのオフィスには珍しく零戦が飾ってあり会話が弾んだ。1943年ほどまで世界でトップだった日本の誇るべき零戦の話になると彼は止まらず、戦中の日本海軍エースパイロットの坂井三郎の講義を十分ほど聞かされ機密のフロアを後にした。4時、ランドの別の研究員と会談。この方のテロの考え方は革命的で素晴らしかった。6時過ぎ、ダウンタウンに戻り職場の同僚らの飲み会参加。参加者数は20名強の大騒ぎ。

金曜午前8時半、CSISへ赴き東アジア戦略会議に出席。この朝食会議には前から誘われていたが今回初出席。オーストラリアの新聞記者が今日のスピーカーで、トピックは米豪同盟について。参加者はアメリカ人がほとんど。会議前には前日本部長のビル・ブリア氏と久しぶりに挨拶。記者の発表の中で、ラッド新政権の外交政策に関して不透明な叙述があったためそれを指摘し質問させて頂く。12時半、ランドの政治学者の同僚を集め近くのタイ料理屋で昼食。4時半、ランドの研究員と会談。

アバクロ

d0ed98be.jpg
私のモットーの一つに、「脱いだら凄いんですが脱がなくても凄いんです」というのがあるのだが、いずれはアバクロの裸のモデルでデビューするのが私の目標である。負けへんで!



楽しいけれどブログで書けない内容の研究をしていると欲求不満になりこうして暴走する。

PS.ランドはホット・チョコレート飲み放題、アイスクリーム食べ放題(マジ)。

テロ研究とアラビア語

0c3c9ebd.jpg
現在の私の仕事の内容は特殊作戦部隊による対テロ戦争の戦略・作戦考案なのだが、その研究の目的に私自身が個人的に強く賛同しているためその分気合が入り、自分なりの効果を予測している(参照:http://psf.blog.drecom.jp/archive/183)。同時にこの研究課題は私の博士論文に直結する内容であるため士気が特別高い。

昨日はボスのデービッドと2時間以上会議をこなし、当研究所でアラビア語を自由に話すテロ専門家と数十分間話す機会があった。

アルカイダを研究していると、入ってくる主要情報はアラビア語であり、その重要性をひしひしと感じる。もちろん地域的には、パシュトゥン語やウルドゥー語などがアフガニスタン・パキスタン国境に当たる「現地」の言葉なのだが、メディアなどを通す研究で頻出するのはあくまでアラビア語であり、今まで学んできた英語も仏語も露語も副次的にしか使えない状況に直面し、改めて言語の重要性を実感した。テロ研究の同業者で(私は「テロ専門家」とは名乗らないが)今日のワシントンポストの記事(Al-Qaeda's Growing Online Offensive, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/06/23/AR2008062302135.html?hpid=topnews)を読んだ者なら分かるだろう。

写真:図書館にあるジェーンズ年鑑。シリーズで連続して揃っているのを見るのはここが初めて。一冊10万以上の代物。

週末のソフトボールとポトマック川

a62332a7.jpg
土曜日はポトマック川東側のグラウンドにてソフトボール。午後1時過ぎに始まったゲームは次第に練習に移り変わり、お開きは4時半。30度を超すいい快晴だったが長時間のためさすがに疲れた。筋肉痛は感じずもあまりの疲労で翌日は完全に仕事に充てた。

次の試合は今日月曜日の仕事後にて!

PS.今週木曜CSIS安保部の核拡散のミーティングに参加される方おりましたらご連絡下さい! 私も行きます。

写真:ポトマック川沿いから眺めるワシントン記念塔
月別アーカイブ