Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2009年01月

政治学部の受験、SRFのフェローシップ

今年の我が政治学部の入試情報。結構凄い日本人が受験したと聞いたよ。しかもちゃんとプレッシャーかけといたよ。結果楽しみにしてる。今年は例年よりも合格者が増える予定。早く後輩できんかね。

今日はSRF(スミス・リチャードソン基金)から、今年度の World Politics and Statecraft Fellow に選ばれたと連絡を受けた。早速うちの学部内のメールでこの連絡がされると直後から担当教授や同僚から祝福のメールを受けた。同窓のメレディス、アリソン、マット、そしてエルスペスからは直々にお祝いの言葉をもらった。やりぃ! 

この奨学金は博士課程で安保系の研究をする人間なら世界中どこからでも応募できるので、興味のある方はぜひご考慮下さい。















-----
5月に帰国するからその時メッサ遊んだるわ。中学の同窓会だってスポンサーしたるよ。せんけどね。

「軍事的に去勢された」日本、ですか?

0559d090.jpg
朝、いつも通りシブく学部に顔を出すと、今朝のニューヨークタイムズを読んだのか開口一番、「のり、日本はソマリアに派兵するんだって?」と言われた。

「ああ、けどあんな派兵の仕方は気に入らないんよ。」

そう、今月7日の勉強会でも少し触れたが(ブログには書いていない)、私が今回の政策に賛成できる部分は少ない。そしてまたいつもの通り、この派兵の是非に関する国内でのまともな議論が皆無なため、いとも簡単に法案が通り国際政治における「日本の普通化」を推し進める官僚の皆様の大勝利なのである。

そしてネットの新聞に目を通すと

「日本がインド洋で活動する理由 国際テロのない世界を目ざして?政府広報」

とある。私にはインド洋派遣に説得力のある主張はもはや見出せない。ただここで注目して欲しいのは、この政府の「広報」を宣伝している機関は産経でも讀賣でもなく朝日新聞だという事なのである。

-----
今日、学部の連中に「戦後日本は "militarily neutered" だ」と呼ばれた。「軍事的に去勢された」ですか。アメリカで13年間、日本の恥ずかしい事を幾度と言われ続けてきたけど、今回のは初耳だったよ。周りの同僚も驚いてたよ。ただもちろん、わが国の軍事はアジアを代表するだけの力がある一方、憲法は解釈の部分に頼るところが大きいため(そして大きくなってきている)、どちらかと言うと「政治的に去勢された」の方が近いとは思うけどね。ま、聞いた瞬間は納得してしまったよ。

-----
先日のその勉強会の後、秋葉原での打ち上げの最中にワシントン時代から色々お世話になっているWさんと話をしていて、「東海岸で日本外交政策の話を聞くたびにテンションが下がるんですよ。だから僕博論のトピックから日本外したんですよ」系の話題で少し盛り上がった。未だに「日本は安保政策面でもっと独立すべき」との理想論を熱く語る私は、Wさんの隣で話を聞いていた人にだが、「のりは日本人を買いかぶってるよ」とまで言われてしまった。私の見解と一般的な日本での安保観に大きなギャップがあるのは分かる、このブログでも何度も書いている通りにね。

ただ、一般の方々がどう思われようが構わないが、あたかも己の考えのみが正しいと勘違いし、日本国民にそれを数十年と垂れ流し信じさせ、血税を払わせ続けている極端に親米派の外交官の方々、私から見れば彼らの主張とワシントンの戦略にこそ、本当に大きなギャップがあるように思える。ワシントンにいる日本の高級官僚は東京にいる高級官僚とはその重要性が極端に違うのである。そして一般の日本人の方々は、彼らが日本で言う事にもう一度疑ってかかるべきなのである。ワシントンの連中の本音を聞けば一発で分かるよ。日本政治を専門にせず、従ってスポイルされていない、一般的な国際政治の専門家に話を聞いても一発で分かるよ。逆に今までなぜそのギャップが日本の国民にもっと強く、明確に伝わっていなかったのほうが興味深い問題だと思う。

untitled.bmp少し国際関係に興味のある方々が、次の駐日アメリカ大使の候補にジョセフ・ナイ(写真)が挙がっている事に興奮を覚えるのは理解ができる。ただ同時にご存知の通り、ナイ、駐インド大使の可能性も高いよ。そしてそちらの方が国務省内で重要な立場であるのは明らか。ナイの名が日本のメディアで挙がって1ヶ月経つ。調整の問題も当然あるけど、まだ決まらないのはなぜだと思う?

-----
写真上
http://img.timeinc.net/time/asia/magazine/2007/0305/jap_military.jpg

写真下
http://powerfulpeace.files.wordpress.com/2008/07/joseph-nye.jpg

苦労するぜ博士課程

61e9eae8.jpg
ここ数日、睡眠時間を毎晩削って博士論文を書き続けていたが、どうも今週中に終わる見込みがなくなった。100?の論文を形よく、そして内容をレベルを維持したたま削るのは至難の業である。「時間のために」という理由で妥協もできない。なので今さっき4人の担当教授にメールで新しい締め切りの来週火曜を知らせておいた。こんなに頑張ってるのに!悲しい

苦労するぜ博士課程。しかも教授陣が結構厳しくて中途半端な論文じゃ卒業させてくれないので、その分質の高いのを書かなくてはならない。たくさん期待してくれているのは名誉な事だが、それは同時に失敗の可能性も高いという両刃の剣である。

ギニア・ビサウの章提出まであと6日走る

写真:2年前に訪れたストックホルム。3月また欧州旅行してきまっさ。

締め切り延期…

今週末、全て仕事に費やしたがそれでも論文が終わる見込みがない。締め切りは火曜日にしていたが2日余分に取ろう。悲しい

ギニア・ビサウの章提出まであと3日走る

「私も後輩が欲しいんですけど、何か?」

金曜は朝から大学で論文の加筆作業。大学院生センター(写真下)で仕事をしていると同期のメレディスと再会。お互いの近況を報告しながら談笑。そして東アジア学部の友人のネイサンと日本語で話しているとソーシャルワークの勉強をされている日本人の方にお会いし、3人で会話成立。日本の世界遺産に登録されている文化財からそれぞれの学部の先輩・後輩事情まで話が広がった。

私の学部には私以外に日本人の大学院生がいたという記録がなく、私には事実上日本人の先輩も後輩も誰一人いない。学部には日本の政治に関心がある教授が数名いるため日本からの留学生が数名いてもおかしくはない。他の留学生の出身地は様々で、特に多いトルコやイギリス、カナダ、中国を始め、インドネシア、ヨルダン、クウェートなども含まれる。私も学部長のエイブリーに何度か「私も後輩が欲しいんですけど、何か」と怒りオヤジ的な」口調で頼んでいるが、今年も分からない。逆に、「特に言葉の問題があるから、アメリカで修士号を持っていてある程度証明されている日本人なら合格させるという見方がある」と結構もっともな返事が返ってくるのである。

話を元に戻すが、金曜の午後は同センターで加筆作業を進め、その後は図書館で更に加筆。図書館の孤独なエリアで3時間も過ごすのは珍しい。図書館の前にはギャップ(店)に寄って経済不況の波であろうか、あり得ん程に割引されたセーターとスラックスを購入。

ギニア・ビサウの章提出まであと3日(キャー)走る

487596a4.jpg
月別アーカイブ