Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2009年04月

ジョセフ・ナイ駐日大使の噂

ハーバード教授のジョセフ・ナイが次の駐日大使に任命されると噂されて早4ヶ月。私は少し懐疑的であったが、どうやら噂は本当なのかもしれない。正式な任命に関して日本語での記事やブログは未だに見つからないが、2週間近く前の毎日新聞の報道では、その事実が「確認」されている。

Japan expert Joseph Nye confirmed as next U.S. ambassador to Japan

... Joseph Nye has been confirmed as the next U.S. ambassador to Japan, a senior Japanese government official has revealed. ...

現時点での事実確認はできないが、ほぼ明らかなのはナイは日本のポストよりもインドのを望んでいた事、この人事が遅れた主な理由は大使職は重要性の順によって決められる事、などである。実は今日、我が学部の国際関係学科の会議でこのネタが出て議論になったのだが、その時点ではこの点について確証が得れなかったのである。

ナイが実際に任命されるまでもう遠くないのかもしれない。

今学期最後の授業

火曜は3時間の睡眠で疲れた体を引きずって大学へ。午前9時半、東アジア政治の授業で10分間だけ講義をする。その後は学部に顔を出し、11時から今学期最後のエイブリーの国際安全保障学の講義に参加。授業の前には先日決まった東大でのプレゼンの報告。そして昼食。

昼過ぎにはジムに赴きいつもの連中でバスケ。クタクタに疲れた後は、またもや今学期最後の私の授業の準備、疲れていえども気合が入る。4時から授業を開始し、来週の期末試験のおさらいに加え、私の方から devil's advocate よろしく、冷戦後の核戦略に関する挑発的な課題を出し、生徒からの反応を見ながら授業を進めた。中々刺激的な議論ができ嬉しさで満たされながら最後の授業を終わらせ挨拶をすると、生徒全員から盛大な拍手を頂いた。やってて良かったー。そしてやはり私は教育者としての立場が大好きだ。

授業の後、メールをチェックすると学部からの連絡で、今夏の東京での研究と秋のアメリカ政治学会のための出張費が全額下りる事になった。これでトロントでは4つ星の豪華ホテルに泊まれるぞーい!

東大でのプレゼンが決定!

先日書いた防大での講義に加えて、今度は東大でプレゼンをさせて頂ける事になった。嬉しー。日時は6月25日(木)の昼。英語形式のプレゼンで、9月にアメリカ政治学会で発表する予定の、東アジアにおける中国の台頭と日本の反応についての論文を、最新の国際関係学の枠組みに入れて語ります。国際関係学におけるヘゲモニー、民主化と戦争の関係、そしてここ数年のバズワードである「ソフト・バランシング」などの概念を織り交ぜて議論を進めます。

参加は無料ですが、ここではこれ以上の情報は流しませんので、興味のある方は私に直接ご一報下さい(yaponorry@hotmail.com)。

悪くない考え(日本の軍事)

この議論の背景を理解していないので自信を持っては書けないが、民主党の浅尾慶一郎氏が述べた、「敵基地を攻撃する能力が必要」という意見に一般的に賛成する。大切な防衛問題に一貫性の欠ける民主党だが、この意見は特に悪くない。

民主・次の内閣防衛相、「敵基地攻撃能力の保有必要」

ただ問題は、その能力は既に存在している磨B要はその事実を日本国民に正確に伝えるべきなのにも関わらず、朝日が誇張して反応してたまたま記事になっただけであろう。

日本の防衛で面白いのは、その潜在的な政治意図(「日本は軍国化する!」)が誇張されているのに対し、その実質的な軍事能力が過小評価されている点。アメリカにいると後者の意見を聞く機会が多い。例えば3ヶ月前に書いた記事に加え、東アジアの軍事問題の話をしていると仮定の話で、Japan might decide to rearm itself so... という表現もよく聞く。言葉の定義の問題もあろうが、現実はもっと先を進んでいる。

-----
Samuel Barber: Agnus Dei (Adagio for strings)

カチューシャ

ここ数日は睡眠4時間ほどの日が続いている。執筆と校正を繰り返す論文が2本と博士論文の執筆に追われていて、今朝は生徒に「なんでそんな疲れた顔をしてるんだ!」と指摘されてしまった。

今学期の授業は来週前半で終わり。後半から1週間休みに入るのでそれを利用してワシントンでインタビューでもしようかと思っている。

-----
ロシアの民謡カチューシャ。歌い手は12歳の双子姉妹! 軍服が良く似合う。
Sisters Tolmachevy Katyusha, Катюша Den pobedy 2007
月別アーカイブ