Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2009年11月

国境はこう渡る5:スコットランドからベルファストへ

高3の冬。クラスメートが皆大学受験をしている時、私はバイトで貯めた資金を使って一人でスコットランドを旅していた。時は2月、とある日曜日。場所は人口約1万人の港町、ストランラー。グラスゴーからの長距離バスを経て、フェリーに乗ってアイルランドに向かっていた。

夕方発のフェリーは数時間かけてノース海峡を渡る。目的地のベルファストに着いたのは夜の10時過ぎ。これから予め調べておいたユースホステルに向かわなければならないのだが、地図を持っていない。

ベルファストの港に着くと乗客は次々と闇夜に消え、中心街に向かって歩く人間は私だけになってしまった。15分ほど、早足で光が固まっている方向に歩き続ける。ふと、市内バスのターミナルらしき場所に着き、バスの運転手にホステルの方向を聞いてみる。中年の男性がゲーリック訛りの強い英語で、言葉じゃ分かりにくいだろうからと私のために、なんとその日は最終で終えた、あの赤いダブルデッカーバスを出し、私を乗せてホステルまで連れて行ってくれた。優しさに心を打たれる18歳。

そしてそこには当時の政情に全く無知の私がいた。

それもそのはず、北アイルランドの独立を目指すアイルランド共和軍はその数日前に停戦協定を破棄し、ベルファストは事実上テロ攻撃が行われている真っ最中だった。そしてその4ヵ月後、イギリスはマンチェスターで大規模のテロ攻撃が仕掛けられていた。

-----
そりゃ大学入ったら、政治系統の勉強しだしますがな。

正月戻ります

先日書いた時点ではまだ分からなかったけれど、正月に東京に戻る事が決まりました。期間は年始最初の1週間なり。

今回の楽しみ:家族、友人との再会、東京めぐり、そしてもちろん「餃子の王将」。

天文政治学

30ec2ac2.jpg
2日前に書いた天文学の研究の件、まだ最初の段階だけれども少し進みました。まず、同じ大学に通われる方でこのブログを見て下さっていた方から親切なメールを頂き、今後考えるべき面白いアイデアを共有して下さいました。個人的なお返事でも述べましたが、この場を借りて感謝の気持ちを述べたいと思います。ありがとうございました。

一方で大学の図書館員にも相談。幾つかの文献を提示され、自分でも少し見てみると結構面白いのがあった。その中でも特に2つの図書に興味を持ったので早速借りてきた。

一番目のはシッブイ名前の Astropolitik。もうその名の通りである。二番目は The Politics of Space Security。また別に Astropolitics というジャーナルがあるという事も発見。論文の内容を理解し始めるには時間が必要だろうが、しっかりと読んでいこうと思う。

宇宙の限界、惑星や隕石の動き、宇宙人との戦争

1d56bbd1.jpg
博士論文提出まであと数日。無事に終わりが近づいてきたためか、最近別の研究トピックのことを考えるようになった。

2ヶ月ほど前に書いた、天文学への興味。天文学を使って政治学と国際関係学にどう貢献できるか(逆も然り)、ここ数日ずっと考えている。ただ肝心のトピックが絞れず、従って研究方法も決められず、従って必要な文献も定まらない。宇宙の限界、惑星や隕石の動き、宇宙人との戦争(冗談に聞こえるが私の分野の人なら一度以上真剣に考える)などに特に興味があるが、それらが既存の政治学の枠組みにどう当てはまるのか、そして当てはまらずどのような考え方が必要なのか、分からない。

とりあえずクーンやラカトシュの科学の哲学の著作を読み返したが少し漠然過ぎるし、どちらかというと哲学や社会学の分野に属し、私が得意とする国際関係学や安保学には当てはまらない。後輩のハオチアンに薦められたハイゼンベルクの Physics and Philosophy を読んでみたが、少し今の自分には難し過ぎる。大学で天文学は学んだが、物理は高1以来ご無沙汰だからね。

ただせっかくここまで膨れ上がってきたこの興味、大切にしたい。このブログを読んでいる方で(他力本願)お薦めの文献をお知りの場合は是非ご連絡下さい。お願いします!

ヨーロッパ

今週はヨーロッパに行ってきます。慣れない場所での仕事頑張ってきます。

-----
歌の好みにドンピシャ。当時アメリカを夢見る高校生だった。

どりかむ / サンキュ.
http://www.youtube.com/watch?v=-f0iH9b-hBM&feature=related
月別アーカイブ