Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2010年11月

美景

基地内にはいくつかのゴルフコースがある。その周りをジョギングしていて、最近景色のいい場所をいくつか見つけた。

CIMG0035

CIMG0036

CIMG0037

今日から読み始めたのは Bob Woodward 氏による最新刊 Obama's Wars。日本帰る前までに読了できるか。

4ヶ月経って朝5時に起きれるようになった

最近は目覚まし時計を使わずに朝の5時に起きれるようになったのりっぺです。皆様こんにちは。

ただそれを同僚の何人かに自慢げに話すと、「5時なんて遅いよ」と返ってくることも学びました。

そして今年の授業は先週をもって終了。1ヶ月半の短いゼミだったけれど、生徒に託した知識は多く、そして彼らから学んだことも多い。帰国までの残りの時間は新規採用関係の事務と、研究の仕上げ。

そして朗報が。来年の大学全体のゼミのいくつかを私一人で担当することになりそう。つまり250名ほどの空軍中佐の授業や文献に直接影響を及ぼすことができるということ。数ヶ月前に修士課程でのアドバイザーだったベッツ教授に連絡した時、将来の安全保障のリーダーの心を形成する機会があるだろうと言っていた。そんな時がこんなに早く来るとは思わなかった。嬉しいのと同時に大役なのでこれから準備で忙しくなるが、やりがいはあるだろうから頑張りたい。

Happy Thanksgiving!

秋の到来と新たな論文

日中の気温が20度を超える日が続く11月下旬、未だにポロシャツで職場には行くし、夏の雰囲気は完全には消え去ってはいない。それでも先週末撮った自宅前の木は今日はこんな感じ。
CIMG0036

今進めている論文の一つが、ある政治学・安保学系のジャーナルに載る見込みが強くなってきた。相手先からいいシグナルが伝わってきた。日本に帰国するまでの日にちを有効に使って頑張ろう。

ご連絡

日本への帰国まであと1ヶ月ほどとなりました。半年振りの帰郷を楽しみにしています。

今回の連絡事項は、在京中の講演の機会に関してです。対象は一般的に教育機関、一般企業、役所、研究所になります。私の専門分野に興味をもたれる場合は、12月6日までにお気軽にご連絡ください(yaponorry@hotmail.com)。

私のトピックは世界政治と国際安全保障問題全般で、特に日米関係、東アジアの政治、戦争の原因、ゲリラ戦争、軍事戦略、テロリズムに焦点を置いております。

所属はアメリカ空軍ですが、一個人の研究者として意見を述べさせて頂きます。

自宅からの風景

テラスから。いい感じで紅葉が進んでいる。
CIMG0044
月別アーカイブ