Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2011年12月

ベルサイユとモンサンミシェル

ここ数日はポスト・クリスマスの年末のパリを楽しんでいる。

ベルサイユ宮殿では寒い中、長時間の入館待ちを経験しながらも一度中に入ると感動の連続。歴史、政治、建築や文化に興味ある人間として楽しめる歴史的人物や物語が数多かった。意外なところにあったナポレオンの像を見つけたときは嬉しかった。

今回は霧と寒さ(これは想定内)に悩まされたが、宮殿の庭にも出て短いながらも楽しく歩くことできた。

そして今回のメイン・イベントの一つ、モンサンミシェル。写真は後ほど掲載するが、ここはやっぱり感動する。パリから電車とバスを乗り継いで片道4時間は大変な旅行だが、行く価値は十分ある。また、パリからの電車はあのTGV。電車好き人間にはたまらないセットである。

島に上陸するとそこから小さな可愛い小道を歩き、道の両側に位置する土産屋を見ながら上にあがる。その時点ですでに多くの写真を撮った。

その後は修道院に入り、大きく綺麗なテラスのようなところに出、そこから素晴らしい景色を満喫した。

修道院を出ると、帰りのバスが来るまで時間があったので、お土産を幾つか購入し、モンサンミシェル名物のオムレツや好物のムール貝、そして生牡蠣を昼食にオーダーして堪能した。

パリに戻ったのは夜になってから。TGV発着のモンパルナスから地下鉄でピラミッド駅へ。界隈に乱立する日本食のレストランでラーメンを食べて帰途に着いた。

モンマルトルの丘からマビヨンへ

ここ数日は自由きままにパリを探索。

2日目はモンマルトルの丘を登ってサクレ・クール寺院をめぐり、その隣に位置する有名な広場・市場でイチゴチョコのクレープを頂く。丘を下って地下鉄に乗り、今度はオペラ座へ。周辺を回ってからパリの日本食材店が多い地域を歩く。

日が暮れるとルーブルに足を伸ばしてエリアを探索。再び地下鉄に乗って今度はシャンゼリゼ通りへ。大通りを歩きながら夜の凱旋門を見て、通りにあるカフェにて休憩。ホテルに戻る。

3日目はモンパルナスへ赴き、今週中に予定しているモン・サン・ミシェルへの旅行切符を購入。その後は地下鉄に乗り、市内でも有数のハイクラスな地域を歩く。

夕方になるとポン・ヌフへ。お気に入りのボーン・シリーズの映画にも出てくる、市内最古の橋からセーヌ川の景色を写真に収め、今度は川沿いを歩いてシテ島に渡り、ノートルダム大聖堂へ。聖堂内をツアーしステンドグラスのあまりの美しさに感動する。その後は近辺を歩き、オデオンを越してマビヨンへ。サンジェルマン通りに位置する Georges Larnicol というチョコレート専門店にてマカロンとチョコレートを幾つか購入。その高級感たっぷりのチョコに舌鼓を打ち、帰途に着いた。

パリ到着

23日にアトランタを出発し、24日のイブにパリ到着。エッフェル塔が見えるホテルに滞在中。冬のパリは初めてだが雰囲気は素晴らしい。

最初の夜は予約していたフランス料理の店、L'Atelier du Parc へ。クリスマス・コースを堪能。フォアグラと魚のスープが圧巻だった。

その後はエッフェル塔の回りを散歩。午後11時に数分間流したクリスマスのライトアップが綺麗だった。

日本が世界政治の中心ではない理由

Why Japan is not setting the global agenda

先日送られてきた記事。同感するところが極めて多い。アメリカで活躍する邦人でも同調する方は多いのではないか。この記事は邦訳して広く議論されるべきだと思う。

英語だが読める人は読むべきだと思う。

デイブ家のクリスマス・パーティ

週末は元同僚で友人のデイブ宅のクリスマス・パーティに招待された。

ワインとオレンジジュースを持参して10分ほどのドライブで到着。いつもの家族メンバーと久しぶりに挨拶をして、写真にあるディナー・テーブルで好きなものをピックして、初めて会う多くの人との会話を楽しんだ。2時間ほどでおいとましたが密度ある、楽しい時間だった。

CIMG0337
月別アーカイブ