Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2012年04月

「米国大学院学生会」に掲載されました

「米国大学院学生会」が発行しているニュースレターの最新号に私の小論文が掲載されました。「政治学での挑戦」というタイトルで2ページほどです。

http://gakuiryugaku.net/newsletters/1755

興味のある方はご笑覧下さい。ご感想はメールにてお願いします。

また、ニュースレターから来られた方は、「アメリカ政治学博士課程の受験の仕方」等のエントリーをご参照下さい。

空軍研究所にて

IMAG0002空軍研究所にて開かれたSSQの編集会議に初めて参加。準備していた甲斐もあり自分の仕事はしっかりできた。

チーム内の数名は初めて会う人達だったが優しく迎えられた。大学を越えてアメリカ空軍のブレーンの仲間入りすることができて嬉しい。

写真は会議室に飾ってあったもの。

SSQのウェブサイトの下の方で確認できます。

週末のブランチ

CIMG0342ここ数日は委員会の仕事で忙しい。学部内の政治を学ぶのは自分のためになるが、教授陣のコーディネイトは予想以上に大変な物だという事に気が付いた。

明日はSSQの編集委員の会議も入ってる。

なので先週末はゆっくりリラックス。写真は週末のブランチ。

大学の委員会の仕事

先週は試験の採点を終わらせ、同時に今年度の大学内の研究論文賞の委員会の仕事と授業2コマの準備に追われた。

来たる週は授業はあまりないが、大学の委員会関係のミーティングが幾つか。SSQに投稿された論文の打ち合わせや来年度の選択の授業の打ち合わせなど。今回初めてオファーされる授業がいくつかあり、その内容などについて我が学部の教員陣と何度か会議。学部全体の取りまとめは結構大変だ。私の選択の授業は中身はあまり変えないがタイトルは面白く変化させた。多くの生徒が取ってくれれば嬉しい。

そういえば今月末にはある日本人団体のウェブサイトに私が寄稿した小論文が掲載される予定。詳細は追って。

東南アジア出張のアルバム2

先月行った東南アジア出張の写真の補足。生徒が数百枚に上る写真をCDに焼いて渡してくれた。その中から幾つかを厳選。

まずはフィリピンの国防大学にて。当日行った会議の後、参加者全員が外に出て一緒に撮影した。最前列の私の左隣が校長先生、右隣が生徒代表。
IMG_0085

次はタイ空軍本部にて。
IMG_0492

タイはバンコクのエメラルド仏陀近くにて。
IMG_0326

530273_10100323769614897_609288_45746388_1654396057_n

献花のための横隊に参加。民間人にとっては珍しい経験。タイ国防大学にて。
IMG_0506
月別アーカイブ