Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2012年08月

週末はフロリダへ

今年のアメリカ政治学会はハリケーン・アイザックの影響で中止。会場だったニューオーリンズに初めて行くのを楽しみにしていたため残念。気を取り直して今週末はフロリダのビーチで気分転換することに決定。夜はビーチに面する基地のロッヂを予約した。週末の天気は良さそうだ。

今年のアメリカ政治学会@ニューオーリンズ

ハリケーン・アイザックがフロリダ沖で猛威を振るいながらニューオーリンズに近づく中、今年のアメリカ政治学会の発表の準備を進めている。

木曜日朝に現地でパネリストとして発表の予定。今の場所からニューオーリンズまでドライブして片道5時間ほど。このスケジュールのままドライブすると方角、時間両方の面で真正面からハリケーンに突っ込むことになるので、どうしたら回避できるか周りの人と相談している。

一方で初めてのニューオーリンズを楽しみたい。学会中は自分の研究を発表することに加え、別のパネルのチェアもこなす。母校のレセプションに参加したり友人らと再会する予定もある。先日お世話になったアサン研究所が発行する新書の昼食会にも参加予定。そして2年ぶりに日本人政治学者による夕食会にも時間を作って参加したい。

また、観光面でもフレンチ・クオーターを訪れて特有の食べ物や音楽、そしてアメリカの歴史を感じたいし、ルイジアナ周辺の「沼地」も見てみたい。今回の出張中には近辺地域にある基地で宿泊する事も計画している。

韓国出張のアルバム

今回の韓国出張は8月上旬から数日間。目的は研究機関で客員研究員として仕事する事と、来年の海外出張の視察とその準備。

今回お世話になったのはソウルに位置し、ここ数年で世界から注目を浴びているアサン研究所。大学院の先輩のサポートを得て数日間オフィスで仕事をさせて頂いた。仕事の内容はここにあまり書けないが、ソウルの他の研究機関との交流、韓国・米国政府や軍事機関の方々らとの交流、更には国境地域への視察などを含んだ。今回のエントリーはその過程で撮った写真を数枚掲載するもの。

先日載せたものだが、アサン研究所の屋上から。8月のソウルが降水量が多く、今回の滞在中にも結構降った。
IMAG0139

アサン研究所の驚くべき内装。エレベーターも含めて極めて機能的。
IMAG0138

光化門を通り抜け景福宮へ。ソウルは山に囲まれ景色が良い。
IMAG0162

徳寿宮へ抜ける大漢門ではしばし民族舞踊が見られた。
IMAG0170

ソウル地下鉄のあらゆる駅で見られる緊急事態時のキット。様々なシナリオを想定している模様。
IMAG0142

8月15日。韓国では戦後の独立を祝う日になっている。これは日本大使館近くで見た反日デモの様子。
IMAG0157

仕事の一環でソウル市内の米軍基地へ。将校が利用する別の建物でワーキング・ランチを取った。
IMAG0167

ソウルの夜。光化門近くにて。
IMAG0147

ケーブルカーに乗りソウル市内の夜景を見た。レストラン施設もしっかり整備されムードも良い。
IMAG0175

続・ロムニー大統領候補の外交政策アドバイザーチーム

去年のエントリーに加え、先日報道されたロムニー大統領候補の外交政策アドバイザーチームの情報はここから。

Minerva Chair を広く募集中

アメリカ国防総省が主催する学際研究フェローシップの Minerva Chair の募集のお知らせです。

同僚と進めてきた募集要項が認められたためここにて募ります。アメリカの機関(民間大学や政府、一部NGOも含む)に所属していて、アジア太平洋地域への戦略的ピボットを研究している方を(関連分野での博士号は必要)、国籍問わず探しています。

詳細は後ほど掲載する予定ですが、待遇は基地へのアクセス、基地でのレジデンス期間(最低2ヶ月ほど)、給与全ての点で破格の内容です。こちらからの条件としては関連問題を研究し、我が大学の研究や授業を行う事、そしてすでに他の機関に属している事などがあります。

興味のある方はCVを添付してメールにてご連絡願います。
月別アーカイブ