Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2013年06月

防衛大学校での講義

IMAG05296月21日は防衛大学校にて講義を敢行。朝は5時に起床し30分後、家を出て電車に乗る。午前7時半過ぎに最寄の駅に到着。送迎車に乗り込み大学キャンパスに到着し、今回お世話になった方の教官室を訪問。準備はできていた。

8時半、講義を開始。内容はアメリカのアジア回帰とそれが日本に及ぼす意味合いだった。準備はしっかりしていたのもあり、また、過去に数回ここで講義をしていたこともあり、自信を持っていけた。学生は疲れや(外部からの若い講師を呼ぶにあたり)少しの安心感もあるのだろう、中々講義に集中し続けるのは大変だったろうが頑張って聴いてくれた。特に質疑応答の部分ではしっかりした質問が多くなされた。

その後はキャンパス内を簡単にツアーして頂き、左にある大学校のロゴを撮影した。「真勇」や「廉恥」は一般的かもしれないが、「礼節」がキーワードの一つであるのはある意味日本独特のものかもしれない。

IMAG0533その後は今回招待して下さった将校の方の執務室で歓談。昼食は大学から車で15分ほどのイタリア料理店、アクアマーレにて。美味しいシーフード・パスタを頂いた。

大学校に戻ると即2回目の講義を開始。講堂に向かって歩く際、昼の行進をしている学生グループを見かけたので撮影(右の写真)。授業では金曜日の午後とあり疲れているのだろう、頑張る学生に心から応援してしまう。予め用意していたスライドを使い1時間半で終了。質疑応答の時間でも良い反応をいくつも頂いた。

その後は前よりお世話になっている先生のゼミに赴き、今度は(実質的な)大学院のゼミで1時間半、最後の講義を行った。学生たちも自衛隊に入隊して数年の経験を持つ方々で、国際関係の理解も深く、彼らのレベルに合わせて授業を行うことができた。時間の配分は最初の30分でスライドを使って講義をし、残りの1時間を使って議論をするもので、内容の質が高く私の方も多くの事を学んだ。

IMAG0559その後は先生と一緒に早めの夕食を大学校内で取り、校内の売店でお土産を購入。買ったのは防衛大学校のトートバッグと写真にあるイチゴチョコレート。後日美味しく頂いた。その後帰宅。

体力的には多くを消耗したが、日本の防衛機関に直接貢献が出来て、また、将来の日本を護るべく大きな犠牲を払い自衛隊に尽くす、勇敢なリーダーらと共に学べ嬉しいことこの上ない。今回招待して下さった方々、また多くの事務面でサポートして下さった関係者に深く感謝している。

ハワイに到着

昨晩東京を出発し同日午前、ホノルルに到着。スムーズなフライトの後、空港からはタクシーで宿泊先の米軍保養施設へ。チェックインしてからすぐにワイキキに赴き、3ヶ月ぶりのカラカウア通りを歩きながらハワイの雰囲気を味わう。

午後、家族が休んでいる間を使ってホテルのレストランに赴いた。入場するのに軍隊の身分証明書が必要だった。そのまま席について初めてのマイタイを楽しんだ。

ここ数日

ただ今日本滞在中です。講義や研究や家族との約束で関東地方を走り回っております。停滞気味のブログの更新は今週後半から最活発化する予定です。

先週は防衛大学校での講義という貴重な経験ができました。明日は古巣の研究所で数時間過ごした後、慶應にて授業を担当します。それらについては後日ここにて記録を残します。

日本に帰国して

日本に戻ってきて1週間ほどが経過。時差ぼけも少しずつ治ってきた。ここ最近は家族と一緒に過ごし久しぶりに再会を楽しんでいる。

時間を見つけては買い物などをして過ごしている。昨日は日帰りだが鎌倉と江ノ島に旅行に行って来た。JRの北鎌倉駅で下車し最初は円覚寺。そしてあじさい寺を回り建長寺、鶴岡八幡宮をそれぞれ歩いた。鎌倉駅前の本店で鳩サブレーをお土産に購入、昼食は駅近くのレストランで地元名物のしらす丼を食べた。ボリュームも豊富で美味しかった。

その後は江ノ電で長谷で下車、観音を見て周り再び江ノ電に。江ノ島で今度は下車し江ノ島に向かって歩き、島を登る。頂上まで到着してからはタワーに乗って神奈川の綺麗な景色を一望した(天気はとても良かった)。その後はゆっくり歩いて下山し今度はモノレールに乗って大船へ。その後は電車で帰宅。楽しい一日だった。

進歩

今日、私のキャリアにおいて大きな進展があった。日本滞在中には家族や会う予定の友人たちに報告できそうで嬉しい。

弛まぬ努力は実るというというのは昔からこのブログのメッセージの一つだが、今回もそれが証明できたと思う。詳細は後ほど。

もうすぐ日本。防大や慶應での講義の合間に、最近始めた日本の安全保障の論文の研究をしなければならない。それでも何とか時間を見つけてプライベートでも楽しみたい。
月別アーカイブ