Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2014年02月

次の論文

連載中の JBPress へ寄稿する次の論文が仕上がった。毎回そうだが、今回も空軍の審査を経て完成した。前回は大きな反響があったので、今回も頑張って書いた。

今回は大学で東アジアの政治や日米同盟の授業を担当する人間として、アジア太平洋全体を見回してどう日本が外交・安保政策を立てていくかを書いた。

数日後に掲載される予定なので、またその時にここで連絡します。

Strategic Studies Quarterly への寄稿のお願い

ssq_winter10寄稿のお願いです。

米空軍の戦略専門雑誌である Strategic Studies Quarterly の編集委員を務めております。戦略問題に関わる英語の論文の出版先を探されている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡下さい。真剣に考慮します。私が去年監督した生徒の修士論文(東南アジアにおけるアメリカのアジア回帰)も今秋号で出版されております。

日本ビジネスプレスに掲載されました

日本ビジネスプレスに拙稿が掲載されました。日本ではほとんど知られていない私の職場のことを書いております。連載の第一本目です。

アメリカ空軍戦争大学で教えて

興味のある方は是非どうぞ。

軍隊で出張すると…

来月の出張の予定が埋まってきた。過密なスケジュールだが楽しみだ。

軍隊のこのレベルでの出張を計画するもの良い経験になっている。色々な人の話を聞きながら多くを学べる。

今回面白いと思ったのは、我々が行く先々で高いランクの指揮官が我々と会いたがる(ブリーフィングを行う)こと。去年もそうだったのだが、予定が決まりそうになった時になり、我々の出張のことをどこかから聞き出した司令官が突然コンタクトしてきて、こちら側にコンタクトして計画を変更する、というのが今年もあった。

軍隊に入り数年、私も色々なことが分かってきた。ただそれでも、今後も新しい発見が続く。

日本攻撃の準備を始めた中国軍

強めの表現なことは理解しているが、米海軍の戦略家によると日中の領土問題はそろそろ軍事的なフェイズに向かっており、中国軍は日本との「短いが鋭い戦闘」を予想して準備をしているとのこと。

特に自衛隊関係者には読んで頂きたい。

Navy Official: China Training for ‘Short Sharp War’ with Japan

月別アーカイブ