Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2014年04月

将来の米空軍幹部たちは東アジアで何を見たか

ジャパン・ビジネス・プレスでの連載第3弾が掲載されました。興味のある方はどうぞ。

将来の米空軍幹部たちは東アジアで何を見たか
アメリカ空軍戦争大学で教えて(3)

字数制限がありますが、本来なら書きたいことがまだ沢山ございます。今冬帰国の予定なので興味があればお気軽にご連絡下さい。

今年の授業が終了

今年度の授業は先週で全て終了。今秋は期末試験とその採点が待っているが、その後は数か月のあいだ授業なしで研究に勤しむことができる。

ただ同時に、来年度の選択科目のシラバスを更新するために、新しい文献に当たらなくてはならない。幾つか新しい本や興味のある論文がここ数か月の間出版されていてまだ読めていなかったので、今後少しずつできる時間を有効に使ってキャッチアップしたい。

あと数週間で大学のプログラムも全て終わり今年の学生が卒業する。早いものである。

写真はハワイのヒッカム基地で訓練をするF22・ラプター戦闘機。
IMG_1348

Frozen を観て

金曜日の夜は久しぶりのムービー・ナイト。夕食後に観たのは今流行っている Frozen。内容は予想以上の出来でとても楽しむことができた。

この映画で流れる音楽は良い意味で中毒性があり、映画が終わった後でもこの音楽が頭の中をガンガン流れる。

次にフロリダのディズニーを訪れるのが楽しみだ。

アメリカの大学教授の平均給料のデータ

アメリカの大学教授の平均給料のデータが発行された。

AAUP Faculty Salary Data, 2013-14

教授のランク(助教授・准教授…等)、大学のロケーション、性別、学部・修士・博士のレベルなどに分けられて読みやすい。

ただ専門分野では分かれていないので、例えば政治学の教授の平均の給料などは不明である。明らかに給料の多い医学部や法学部、ビジネスや工学部などもデータに含まれて平均を出しているので、実際の政治学の給料はこのデータで見るよりも低いだろう。

夏の予定

今年の夏は日本帰国を希望していたがどうやら難しいようだ。去年の夏は楽しかったが次の帰国は冬になるだろう。一方で6月中旬にはイギリスへの出張が入っていて、それは楽しみだ。出張先で1週間ほど休暇も取れれば最高だ。8月下旬にはワシントンDCへの出張も入っている。

日本での夏の休暇がなくなったので、自分たちを慰める意味も込めてフロリダのペンサコラで休暇を過ごすことにした。我々のお気に入りの海軍基地で、去年の5月にも行っている。部屋からは下のような素晴らしいメキシコ湾の景色が見れる。

1297b06a-s

確か2か月ほど前にもJBプレスで書いている。ちなみに今月号の論文は来週あたりに掲載予定。また、数日後には別の雑誌でも論文が発表される予定。
月別アーカイブ