Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2014年05月

まだまだやられる日本の外交@日本海呼称問題

日本が関わる領土問題における日本外交の弱さはこのブログに何度も書いているが(例:在米民族グループの政治的役割)、6月12日にはそれを証明するかのようなイベントがワシントンで開かれるようである。日本海の呼称問題に関するイベントである。

A Workshop on the Naming of East Sea/Sea of Japan

がそれである。この「ワークショップ」は特に得体の知らない The Society for East Sea という団体が中心になって、ジョンズホプキンス大学ワシントン校(サイス)のキャンパスで開かれるようである。韓国によるロビー活動であるのはほぼ間違いない。しかもサイスという場所を考えれば、単に学問的なインパクトを狙ったものではなく、アメリカ議員やアメリカ政府、そして様々な国の大使館を通して世界の外交ルートに影響を及ぼす、日本の国益の視点から見れば非常にマイナスなイベントであることも間違いない。

参加者のリストを見れば、日本を代表する人間は一人も見当たらない。ワシントンには日本人の研究者もおり、日本の大使館には外交官が何人もいるのにも関わらずである。韓国からは大使級の代表が一人参加するようだが、日本の大使館は何をやっているのであろうか? この種のイベントや韓国のアピールによる既成事実の積み重ねは外交上は非常に有効なやり方で、今までは日本の主張が世界で通じていた日本海の呼称も、やがて韓国の言い分が更に強くなるようになろう。イベントのタイトルも、日本側が主張する「日本海」という名前よりも前に、韓国側が主張する「東海」という名前がきているのも、事実を知らずにイベントに参加する多くの人間にとっては重要な心理的効果を発するだろう。

これももちろん私個人の考えだが、日本の外交はまだまだやられている。そしてそれを覆すために必要な政策が十分取られていないのは明らかである。

世界の幸せな国ランキング

ギャラップの調査によると、世界で最も幸せな国はパラグアイだそう。それに中南米の国々が続いている。調査対象の138国のうち日本は真ん中よりも上位に付けている。正直意外に思えるが、分からないわけでもない。

People Worldwide Are Reporting a Lot of Positive Emotions

アジアの上位はフィリピン、タイ、オーストラリア、台湾など。これは納得がいく。ちなみにアメリカは19位。

国際関係学会に見る中国、サイバー問題、非対称戦争

ジャパン・ビジネス・プレスに拙稿が掲載されました(国際関係学会に見る中国、サイバー問題、非対称戦争)。

題名から分かる通り、今回は3月下旬に開かれた国際関係学会での発表を元に感じたことを、学問と政策両方の視点から書きました。興味のある方はどうぞ。

映画:ミケランジェロ・プロジェクト

金曜日は自衛隊の方々の歓送迎会に参加し、夜遅くまでみんなと夕食を楽しんだ。珍しく日付が変わってから就寝した。

翌日はゆっくり買い物に出かけて映画を借りてきた。今回観たのは The Monuments Men (邦題はミケランジェロ・プロジェクト)。批評家からの評価はあまり高くないようだが、キャストが充実しており、私の好きなヨーロッパ史と戦争のミックスだったので十分楽しめた。

空軍研究所にて

写真
月別アーカイブ