Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2014年12月

築地にて

image今年も残り僅かの時間となってきた。昨日は築地に赴き、年越しの際に食べる中トロと蟹、そしてかまぼこや卵焼きなどを購入。

凄い人手だった。あの小さなスペースに何百人が同時に、そしてかわりがわりに入り込み、大量の買い物をしてゆく。特に中トロを買う際の人混みは厳しく、例えれば、川を上る際のサケのような感じだった(この場合はその後死ぬわけではもちろんない)。

私は来月から始まる東アジアの授業のネタ入れという目標も兼ねていたので、右の写真であるように、授業で学生に見せる予定の写真も何枚か撮った。日本の中央市場の喧騒とその素晴らしさを少しでも伝えられればと思っている。

そして夜は、東京駅に赴き八重洲ブックセンターで仕事用の本を数冊購入。品揃えが良く助かった。自衛隊の方々にもお伝えしたが、日本の防衛に関する研究を本格的に始めたので(先日の戦闘機の搭乗体験や田母神空将との面会などもその背景にある)、必要な書籍を集めている。

image本屋の後は東京駅地下街にある牡蠣の専門店、ガンボ&オイスターバーにて夕食。値段は私のような庶民には少し高めだと感じたが、帰国中の限られた機会でもあるし、味もとても良かった。

では皆様、良いお年を。

仕事「収め」

imageクリスマスの休みを除いては先週も大忙しの毎日だった。小泉進次郎氏とは数年ぶりの再会となり楽しかった。この忙しい時期に面会の招待をしてくれ感謝している。

話の内容は割愛するが今後将来お互いに期待のできる印象を強く持った。土産にくれた、前日の写真にも小さく写っている「七転び八起き」の人形セットは嬉しかった。こちらも是非と、10月に出版された著書をプレゼントした。

 

面会が終わると、第一議員会館地下の土産屋で安倍首相ら閣僚メンバーをイメージした、左の写真の饅頭を購入。その後は官邸裏の通りを赤坂方面に向かって歩いて、スタバで休憩。次の面会に備える。

午後3時からは田母神空将の事務所で面会。小泉氏同様、この忙しい時期にわざわざ私のために時間を作って下さり嬉しかった。事情を事前に説明すると、アポの時点で既に1時間半の時間を約束してくれた。それだけでなく、時間になっても大丈夫だよと延長を促して、結局2時間もお邪魔させて頂いた。会話も弾んだ。
 

空将の著書は何冊か読んで準備をしていたが、想像できる通り、話の内容は多岐に渡り、時にはしっかり掘り下げて話して頂き多くを学んだ。安全保障の面では空将とは考えの近い部分が多く、準備もしていたので非常にスムーズな会話だった。感謝の気持ちを伝えて帰途に就いた。

小泉進次郎氏との再会

楽しい時間でした。

image

ようやくの休暇

今年もあとわずか。帰国してから毎日電車に乗って関東中を駆け巡る毎日だった。先祖の墓参りから始まり、日光への休暇、そしてお世話になっている方々への挨拶や幾つかの講義など大忙しだった。

イブの昨夜は家族でしゃぶしゃぶを楽しみ、クリスマスの今日はようやく休みを取り、地元でゆっくりしている。ただ明日は、東京を回って重要な案件を二件こなす予定である。

今回の帰国で顕著に思うことは幾つもあるのだが、その中の一つに、東京の無料インターネット環境がある程度発展したことである。2020年オリンピックの準備の一環もあるのだろうが、短期滞在者には過ごしやすいインフラが整い始めてある。今後も更なる発展が必要だが、良い一歩を踏み出していると思う。

メリークリスマス!

image
月別アーカイブ