Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2015年04月

今夜の夕食

image

今夜の夕食は大好物のから揚げ! 美味しかったー。

北東アジアの講義

空軍戦争大学の大講堂で今年度最後となるであろう、北東アジアの講義を行った。毎年恒例のこの講義はこれで通算3度目で、250名の佐官を相手に1時間近く話し、その後は質問に答えるというものである。録画もされ、記録として空軍に保管されるため、真剣にならざるを得ない大仕事である。

なので前回同様、その日は朝の3時半に起き、40ページほどのスライドを頭の中に叩きこみながら何度も練習をし、講義に備えた。

内容は去年の講義に近く、東アジアにおける相互経済依存から領土問題、朝鮮半島の状勢から台湾まで多岐に渡った。アジアで駐在しアメリカに戻ってくる学生の多くは日本よりも韓国での印象が強い傾向があり、その多くは北朝鮮問題や在韓米軍の基地のことに興味を持つ。従って私はより多くの時間を日本国内のに費やし、なぜ尖閣などの領土問題が起きるのか、自衛隊は何ができるのか、憲法の問題は何かなど、丁寧に説明した。また、日韓関係の問題なども解説した。

学生からの反応は良く、質疑応答の時間も韓国や台湾からの代表から質問をもらい、それに答えた。日本を含むアジア地域の政治や安全保障は誤解されやすい。それを解くためにもしっかり準備をし、丁寧に、そしてフェアに説明する必要がある。今回はそれが特に実践できて嬉しかった。

「ブラックホーク」に乗って考えた日本と台湾の絆

先月訪れた日本と台湾での経験を、JBプレスへのコラムにまとめました。興味のある方は是非どうぞ。

「ブラックホーク」に乗って考えた日本と台湾の絆

アメリカ空軍戦争大学で教えて(16)

The Unraveling を読了

9781610395939アマ・スカイ女史の The Unraveling を読了。

ここ10年ほどのイラクの軍事・政治的な側面をアメリカ側の視点から見た、とても良い本だった。

スカイ氏はイギリス出身の民間人で、イラクで作戦を行う米軍のトップレベルで働いた、珍しい経歴を持つ人間である。

話の内容も面白く、特に当時のメイビル大佐とオディエルノ陸軍大将との仕事がどう発展しどのような結末に辿り着くのか、という点が興味深かった。

日本のパスポートの「強さ」は世界で何位?

答えは8位タイの模様。

このサイトから。

月別アーカイブ