Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2015年08月

セントルイスの国際祭り

今週末開かれた国際祭り、英語で言う Festival of Nations に行ってきた。今回はそこで撮った写真を掲載。

会場の Tower Grove Park
IMG_1673

駐車場の関係で早めについた我々を迎えてくれたこのゲート。朝10時の時点ではまだ人が少なかったが、1時間もすると大量の人が世界各国の食事を楽しみに来ていた。
IMG_1664

クルド人のブース。ここでその存在をしっかりアピールしていた。
IMG_1666

イラン人のブース。政治的には微妙な関係も文化交流はしっかり続く。
IMG_1667

東アフリカにあるエリトリア。ここもアメリカとは微妙な関係が続くが、多くの参加者の興味を引いていた。
IMG_1672

ロシアのブースでは多くのマトリョーシュカが売られていた。
IMG_1669

今回我々がブランチとして食べたのは、焼きそば(日本)、鯛焼き(日本)、ジャイロ(ギリシャ)、焼き鳥(ベトナム)、そしてかき氷(アメリカ)だった。
IMG_1670

「先生、そんなところ行って怖くなかったんですか?」

新しい大学で秋学期を迎え、私の授業も始まった。今学期教えるのは国際関係学の入門。学生の多くは大学一年生である。

既に2度授業をした。学生は少し緊張しているようだが、2度目の授業では多少はリラックスしてきたのか挙手も多く、残りの授業の時間が少なくなるほど質問をしていた。これから徐々に学生間による議論を入れていこうと思っている。

その授業では学生の興味を向上させるべく、授業の一環として私が撮った北朝鮮の写真を見せてみた。すると学生は文字通り目を丸くして、それまで下を向いてノートを取っていた生徒もずっとスクリーンを見つめていた。
"Oh my God" という中々シブいリアクションも一部の生徒からあったので効果はあったのだと思う。

下の写真に見れる、国境付近のDMZを訪れた際、その付近がどれほど緊張している状態だったかを説明すると、一人の学生が挙手し、質問してきた。

「先生、そんなところ行って怖くなかったんですか?」

。。。

軍隊では絶対聞けない言葉である。





以下、今回使った写真を数枚掲載する。転載は禁止させて頂く。

IMG_1316

IMG_1319

IMG_1317

石巻にて

6月、三沢基地からの帰り道、新幹線を途中下車し向かったのは宮城県の石巻。最寄りの新幹線の駅から鈍行に乗り換えて2時間ほど。2011年の三陸沖大震災で大きな被害を受けたこの街を探索し、最終的に日和山公園に着いた。

今回はそこから撮った街の写真。

image

山の頂上から南東の位置にある石巻漁港。
image

頂上から南を向いて。この辺りの住宅街は流され、復興作業が続く中、現在もこのような状態になっている。
image

頂上から北に向かって。中央やや左の白い建物が石ノ森漫画館。次の一枚が震災前。
image

image

アメリカ政治学の就職に関して思う事

今回5年ぶりに就職活動をしてみて思ったことが幾つかあった。過去のエントリーでも似たようなことを書いていると思うが、重複する部分があれば補足や強化する意味で取って頂きたい。

近い将来アメリカで政治学に挑戦してみようと思っている方、もしくは既に入学しており、これから研究トピックを決めようと思っている方に読んで頂きたい。

幾つか大切だと思う点を挙げる。

1.現在のアメリカ政治学会において、日本関係のトピックは研究内容としては残念ながらできれば避けるべきだと感じる。日本問題の専門家を教員として求める大学の数は、同じアジアでも中国・インド関連の専門家の数よりも圧倒的に少なく、アメリカでの就職に際し極めて不利な状況を作り出す。日本人の研究者は一般的に語学の問題があるため(また、最初からそう思われているため)、日本専門家のポジションがあったとしても、日本語を多少話すアメリカ人の研究者にその仕事を持っていかれる。

この傾向はここ数年ずっと続いている。アメリカのトップレベルの大学の博士課程を、優秀な教授に指導してもらって卒業したのにも関わらず、主な研究内容が日本関係でしかないために、アメリカでの就職に失敗し、仕方なく日本に戻る場合が多い。研究テーマの選び方はもちろん、自分の学問的興味に従うのが一番だと思っているが、日本関係のトピックは正直薦めない。

また、将来的に日本政治の研究者になり日本での就職を考えているのなら、わざわざアメリカに来る必要もないと思う。最初から日本での大学教授に弟子入りし、そこから登ってゆくほうが現実的である。

2.一方で比較政治、特にアジアの地域に固執したい場合は、中国、インド、もしくは北朝鮮を混ぜるべきだと思う。他の重要なアジア地域を専門とする研究者としてなら、その事例の一つに日本を混ぜることも可能だと思う。

3.アメリカで就職する日本人の大学研究者を見ると、その多くが日本に関連しない分野を選んでいる。統計学、アフリカ、アジア・中国、国際政治経済などが主な例である。

4.研究手法もトピックを選ぶ段階で大切な要素で、就職活動の際はこれが至る所で威力を発揮する。私の友人を含む、海外で活躍する日本人研究者のほとんどが統計・計量系の手法を用いており、質的手法を使う人間はほとんどいない。例外ももちろんあるが、総合的に見て計量系の研究の方が出版できやすく、就職活動の際に大学側に魅力的に感じられやすい。アメリカの政治学会内では幾つかの対抗勢力もあるが、計量系の研究が圧倒しており、このトレンドは今後も続くように思える。

八戸と三沢

6月に訪れた、八戸と三沢での写真。

八戸駅。ここからタクシーに乗って八食センターを訪れた。
image

八戸駅から各駅に乗り換えて三沢駅まで。私が乗ったのは「青い森鉄道」というワンマン電車。
image

三沢駅までの景色。美しい田園風景が広がる。
image

三沢駅に到着。次の電車を待つ人たち。1時間に一本ほどしかない地元の電車も、朝早い時間には通学する生徒で一杯になる。
image

三沢駅から南の方向に向かって。
image

三沢駅の西口を降りたところ。
image

image
月別アーカイブ