Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2015年09月

セントルイスで2か月が経ち

セントルイスに引っ越してきて2か月が経過する。大学の仕事にも慣れてきた。前職は軍隊、今は民間とシステムや環境などの違いはあれど、授業と研究が中心の生活は変わらない。良い同僚にも恵まれ仕事も効率的に進んでいる。

授業で教える生徒も主に男性が中心の四十路グループから、女性の方が多い20歳にも足していない元気なグループに変わり、多少の調整を要するが、国際関係学を教える事には変わりがない。

セントルイスの街にはもう秋が訪れている。朝は涼しく、日中の気温も30度に達することはほとんどない。アラバマはこの時期もまだ暑いだろうし、四季もあるといえばあるかも知れないが、秋は数日で終わってしまう。一方でここは雪も降るため、フィラデルフィア以来となろう数年ぶりの降雪を楽しみたいと思う。

再びカーディナルズの試合へ

今週、再びカーディナルズの試合に行ってきた。今回の相手チームはミルウォーキー。結果は7対3で勝利。四番バッターによる同点3ラン、そしてその直後も勝ち越しホームランがあり、地元の観衆は大騒ぎ。今回は良い席が取れ家族でしっかり楽しんできた。

バックネット裏の席は初めて。
IMG_1693

IMG_1694

勝利を目前にして観客は立ち上がって応援する。
IMG_1701

IMG_1699

勝利を収め、勝ち越しホームランを打った5番打者のヒーローインタビュー。
IMG_1702

青森県の三沢市の温泉で

日本の温泉に関する記事を読んでいて思い出した。

今年の6月、三沢基地を訪問した際、地元の温泉に行って来た。その日は朝5時起きで新幹線で青森に入り、基地の方々との夕食が終わったのは午後9時半ごろ。疲れてはいたのだがこれだけはやりたかった。予め自分でどの温泉に行くか調べていて、食事の席で自衛隊の方に確認すると良い場所だとのこと。まだ開いてるよ、とのこと。

その日滞在していた1泊4千円のビジネス・ホテルに戻り、すぐに支度をして出発した。ホテルの部屋にあった手ぬぐいとバスタオルを片手に(石鹸やシャンプーは温泉で無料であると思っていた)、車もほとんど走っていない深夜の大通りを一人で歩いた。10分ほどで目的地の岡三沢温泉に到着。

そこで見た景色は私が少年の頃に行っていた銭湯の光景だった。20年以上ぶりに銭湯に戻ってきて感動した。私は少年時代の夏休みや冬休みを関西で過ごしており、近くにある幾つもの銭湯を日替わりで訪れていた。

金を払うカウンターのおばちゃんから、冷蔵庫のコーヒー牛乳。そして更衣室に入れば扇風機の前でプロ野球を見ながら涼むおっちゃん。私も入浴を済ませると、彼らに混ざって同じことをした。楽しい時間だった。アメリカではできない経験なので、嬉しい。

銭湯を出、帰り道の方向を確認すると、濡れた手ぬぐいとバスタオルを持って、そのビジネスホテルに戻っていった。

翌日は朝6時過ぎの電車に乗って、石巻に向かった。

JBプレス「日本人がアメリカ軍で働いて学べるこれだけのこと」

拙稿がJBプレスに掲載されました。興味のある方はぜひどうぞ。

日本人がアメリカ軍で働いて学べるこれだけのこと
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44813

img_d3dbdde24ead545b631df2035d0b3d39438610

台湾にて

今回掲載するのは今年5月に台湾を訪れた際の写真。一枚目は国立政治大学での研究発表。ホスト側の教授からは有益な感想を多く頂いた。昼食後、大学キャンパスを周れたのも良かった。

IMG_0424

IMG_0420

台湾南部の嘉儀空軍基地にて。ここは戦闘機パイロットの部隊。
 (Mr) visit Taiwan  (103)

 (Mr) visit Taiwan  (123)
月別アーカイブ