Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2015年11月

フィリピン大学とフィリピンの内政

我々がフィリピンの安全保障を考える際にまず思いつくのは東シナ海の情勢で、中国の海洋進出に対抗するフィリピン、そしてアメリカの役割がある。

しかしフィリピンの内政を見ると別の力学があることに気づく。私がここ数年でしている研究の一つにフィリピン国内の反乱軍問題があり、数年前にマニラを訪れた際、現地調査を行った。

エリートを輩出し続けてきたフィリピン大学のディリマン校に籍を置いたが、そこでは、フィリピン共産運動とアメリカに対する面白い見方を見ることができた。

フィリピン大学正門。
IMG_0309

キャンパスの学生センターのビルの壁の落書き。革命を唱えている。NPAはフィリピン共産党の軍事組織である、新人民軍を意味する。
IMG_0301

「アメリカの帝国主義を潰せ!」とフィリピン学生リーグが叫ぶ。学生センターの入り口にて。
IMG_0302

再び新人民軍のプロパガンダ。
IMG_0306

フィリピン大学の国際関係学センターで見つけた、東日本大震災後の日本を応援する垂れ幕。震災の直後に東南アジアを回っていたが、日本への支持は至る所で見られた。私は米軍の一部としての出張だったが、例えばフィリピン軍の国防大学などでは日本人として哀悼の言葉を受け取った。
IMG_0308

フィリピンに戦闘機配備@クラーク基地

フィリピンで10年ぶりに戦闘機が配備されるとの記事を見た。フィリピンには仕事で何度か訪れ、国防大学からアメリカ大使館、フィリピン大学からクラーク基地まで数週間に渡って訪れた。

そのクラーク基地はというと、空軍戦争大学の当時の生徒を連れて訪問した2011年3月には既に大幅に商業化されており、航空系企業が滑走路を使っていた(写真はその代表と空軍戦争大学一行)。もちろん軍用機のヘリコプターも飛んでおり、我々もツアーで基地内を色々見せてもらった。

IMAG0997

それが多少なりとも変わるのだろう。中国の南シナ海への進出が始まり既に数年、もっと早く配備すべきだったし(資源不足やパイロットの養成不足などが主な理由)、これからもっと必要になるだろうと感じる。ちなみにアメリカの空軍戦争大学にはフィリピン空軍から毎年大佐の代表が送られてくる。私が教えていた「アジア回帰」の授業を毎年取ってくれていたので交流がある。

感謝祭パレード@セントルイス

メイシーズが主催するニューヨークのパレードには及ばずも、ここセントルイスでは毎年感謝祭のパレードが行われる。去年のこの時期はファーガソンの暴動と重なり中止されたため、2年ぶりの開催となった。我々にとってはもちろん初めてのパレードである。

セントルイスのシンボルを背景に。これが主催者のアメレンという電気会社のマスコット。ちゃんと電球が付いている。
IMG_1783

まさにサンクスギビングの七面鳥。
IMG_1784

IMG_1786

地元の高校のバンドによるショー。
IMG_1785

United Service Organization と呼ばれる米軍人とその家族に様々なプログラムを用意する組織。街中や主要空港などにオフィスを設けている。私もサンフランシスコ空港で時間があったとき、施設を使った
IMG_1787

IMG_1788

左の建物がセントルイスの鉄道駅。
IMG_1789

今年の感謝祭

去年までは毎年同僚宅でのお祝いに参加していたが、今年の感謝祭は自宅で過ごし、伝統料理を作ってみた。とても良くできて美味しかった。

IMG_1779

IMG_1780

オバマとプーチンの感謝祭の会話@トルコ

まさにこのタイミング、という感じのネタだが、状況が向上するよう祈りと共に。

12308587_10156318714470584_6821712406285741837_n
月別アーカイブ