Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2016年01月

東南アジアの思い出

アメリカ空軍戦争大学時代のアメリカ人の元生徒から連絡があった。今春で退役するという。私が期待したいた大佐だったため悲しい部分もあるが、良い思いでも一緒に作った。特にフィリピン、マレーシア、タイでの出張での印象が強い。

タイの空軍司令部にて、当時の学生たちと。5年前。
RCS 3

マレーシア南部のポート・ディクソンにて。マラッカ海峡までは歩いていける。
RCS 2

Arthur Ross Book Award にノミネート

15296先日連絡があり、今年の Arthur Ross Book Award私の本がノミネートされたらしい。

結果はどうであれ、それ自体が非常に名誉なこと。今進めている2冊目の本も認められるよう頑張ろう。

友人の大学訪問

来週、ポーランド出身の友人のボイテクを我が大学に招聘して講義をしてもらうことになった。彼はクラコウの大学で国際関係学を教えている。当日はヨーロッパにおける難民問題を中心に話をしてもらう。

彼とは4年ほど前の夏休みに、ジョンズホプキンズ大学のSAISが主催する安全保障教授法のワークショップで知り合った。それ以来連絡を取り続けている仲である。久々の再会を楽しみにしている。
161f6422-1afc-40fd-ac4f-43dbb4b25cc7

セントルイス大学の1818プログラムで教える

アメリカの多くの大学でもあるように、私の大学では、大学で通用する単位を出す高校の教師をトレーニングする過程がある。 日本の教育界には存在しない、Advanced Placement というシステムである。

1818 と呼ばれるこのプログラムは中々面白い。そのプログラムを受講する高校教諭が大学を訪れ、大学教授が教える授業を履修し、一定の成績を収めれば数ヶ月後に 1818 で教える権利を得るということである。

今回私に依頼が来て、その教授役をすることになった。私が担当する日は政治学を中心とした社会の先生を相手にする。トピックはテロリズム。英語では Global Terrorism and Insurgency: Causes and Consequences である。去年出版した自著を使ってビシビシ鍛えようと思っている。

カークウッドを探索する

金曜の夜は学部会議の後、若手同僚と飲みに行った。頻繁にはできないが、こういうのも中々よい。

翌日はセントルイス市内のカークウッド地域を探索した。繁華街には面白そうな店が結構ある。
image

ここにはアムトラックの駅がある。中に入って少し見てみた。
image

そして食材を買いに行く前に寄って休憩したのが、Great Harvest Bread Company。人気店であることがすぐに分かったのは、お客さんがひっきりなしに入ってきていたためである。コーヒーやマフィンを購入してリラックスした時間を過ごした。
image
月別アーカイブ