Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2016年01月

イェール大学での講演

0968ada33月にイェール大学の東アジア研究所で講演する。

今回の議題は日本の安全保障政策と軍事力。私の二冊目の本の研究発表になる。

このような機会を与えられてとても嬉しい。期待に応えるよう頑張ろう。ちなみにイェール大学への訪問は7年ぶりになるようだ。

日本の大学教育に関する一考察

日本の大学教育に関する、とても良い文章を読んだ。大学教育の主な問題点を指摘したあとで、いかにそれが政治、経済、行政、海外などと複雑につながっているかが分かる。

特に共鳴を覚える点は、文型大学教育の改革の一環で、

-----
文部科学省は、高大接続改革の議論を精力的に行っており、2015年8月に、課題発見・解決力養成を目指したアクティブ・ラーニング導入と高校教員の質と数の改善が必須との方向を示した。 また、知識・技能偏重、マルチプル・チョイス形式偏重の大学入試を改め、思考・判断・表現力を評価する記述式重視などの方針を打ち出した。
-----

という点。従来の「記憶」に頼る教育方法ではなく活発性と議論を中心とするアクティブ・ラーニングは賛成である。教員側にとってはどう採点すべきかが問題になるが、世界で成功する学生を育てるには必要なことである。また、私が提案したいと思うのは、授業中に先生が黒板に書いて生徒が書き写す時間を省くために、先生がその日の授業内容を全てパワーポイントで準備をしてゆくことである。それをベースに授業すれば、効率的に教えることができる。

また、

-----
文系教育への予算投入増、民間寄付増、授業料増などが必要となるが、大学=レジャーランドという何十年も前のステレオタイプが世の中には根強く残っており、日本の文系大学教育に対する投資拡大・負担増について関係者の理解を得られていない。

一方で、企業も寄付先として日本の文系大学をパッシングし、一部の優秀な高校生も文系大学をパッシングし、優秀な日本人教員・研究者も文系大学をパッシングし、米国の大学に行ってしまう動きが加速している。

-----

とも書かれている。最初の段落の点には共感を覚える。このステレオタイプを払拭するには相当の時間が必要だろうが、価値はあることだと感じる。メディアをうまく使い、文型でも大きく貢献できるというイメージを日本社会で立て直す必要がある。

2段落目の点。文型大学のパッシングは残念なことだが、理解はできる。また、日本の大学をパッシングし海外留学に挑戦したいと思う気持ちも理解できる。例えばアメリカに留学する日本人の数はここ20年で低下し続けているが、能力の高い人間が世界の最高峰を狙いたいと思うのは共鳴する。そして私はそういう人間を応援している。

私は特に海外に渡る日本人学生はマイナスだと感じていない。逆に、日本政府は海外で努力する人間を社会的にも財政的にもサポートするべきだと思っている。裕福な家の子供のみが留学できると思ったら大間違いである。中産階級からも多く、限られた予算を持って、厳しい競争のなか、奨学金を勝ち取って博士課程にチャレンジする生徒は何人もいる。彼ら・彼女らをサポートして将来国民に還元させるべくインセンティブを与えるべきだと思っている。そしてそれは日本の国益の一部であることに気付くべきである。

と、小さな異論はあれどとても良い考察であることは否定しない。次はぜひ総合的な分析を読んでみたい。

軍人への政治教育は今も続く

今学期教えているもうひとつのクラスが、大学院レベルの国際関係論である。4年生などの上級の学部生も許可を出して国際関係学で重要なトピックを教えている。このクラスは週に一度のゼミのようなものである。私の専門である国際安全保障だけでなく、国際経済、国際機構、アメリカの大戦略を教える日もある。

先週始まったそのゼミには13人の生徒がいるのだが、その中でも少なくとも3人が米軍に所属していることが分かった。それぞれ陸軍、海軍、そして海兵隊の幹部候補である。軍人だからといって特別扱いはもちろんしないが、こうして私の授業を取ってくれるのは嬉しいことである。

空軍を辞め、軍人への授業がなくなると覚悟していたがそうではなさそうだ。将来のアメリカの安全保障政策に携わる人間の教育に関わることは名誉なことだと思っているし、今後も色々な形で続けたい。

外の気温、そして積雪

image

武田信玄と孫子の兵法

今学期は2つの授業を担当しているのだが、その中のひとつが「アメリカのアジア戦略」である。そこで使う教材のひとつに、孫子の兵法がある。

孫子の兵法に出てくる風林火山という概念は、武田信玄の話でも出てくる。昔、NHKの大河ドラマ「武田信玄」を観て以来覚えていた言葉だが、孫子を読み、元々は中国から来ていることを知った。

数ヶ月前に山梨を訪れた。甲府駅から北へ10分車で向かうと、信玄を祀った武田神社がある。この神社の中の資料館にも、風林火山が言及されている。
image

武田神社から徒歩で約15分。目立たない民家に囲まれたところに武田信玄の墓がある。
image

甲府駅南口の信玄。
image
月別アーカイブ