Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2016年02月

週末はニューヨークで

今週末はニューヨークで過ごす。五年ぶりだろうか。今回も行きたい場所がいくつもあるので楽しみだ。

国際政治学会の会場変更(イスタンブル→)

先週末に突然、国際政治学会から連絡があり、今年の年次会の会場がトルコのイスタンブルから変更になるという。新しい開催地はまだ決まっておらず、ヨーロッパの都市から選ぶという。

私はトルコ訪問を楽しみにしていたが、ここ数週間の間に見られた治安の悪化(首都のアンカラやイスタンブル含む)、隣国シリアでの戦争の継続と難民問題、そしてトルコ国内の学問の自由の規制などがあり、学会参加予定者から懸念が出ていたのは想像がつく。私も特に治安の面で心配していたため、代わりの場所がどこになるかでも変わってくるが、ある程度安心している。

ちなみに2012年にスペインのマドリッドで開かれた年次会議は楽しかった。場所も良かったし、現地で休暇も取ったため家族でバルセロナを訪れたりして楽しい時間を過ごすことができた。

Asian Survey 誌に論文が掲載されました

cover-sourceAsian Survey の最新号に論文が掲載されました。

Strategy and Grand Strategy for the Future of Asia


無料のPDF版のコピーを送るので興味のある方はご連絡下さい。

比較政治の授業の代講

木曜日の朝は代講を頼まれたので9時半からの授業に勤しんだ。今回教えたのは比較政治の授業で、トピックは非民主主義レジームだった。

全体主義や権威主義などアジアの授業をしていても頻出する単語だが、それをより広義の比較政治の中で教えるのは中々刺激的な体験で、普段私の授業では多くは語らないエジプトやホンジュラスの例を出して論じる生徒を相手にするのは楽しかった。

授業の中ではいつもどおり、講義と学生による議論をミックスした。学生の中には去年私が教えた国際関係論の授業を取っていた生徒もおり教えやすかった。クラスの半分ほどの学生が発表してくれたので良かったほうかと感じる。

「I apologize for the state of American politics today」

私が日本出身の人間だと知ると、今のアメリカ政治を見てどう思うか、と聞いてくるアメリカ人は多い。ここ数ヶ月の間続いている「荒れた」大統領選挙戦に不甲斐なさを感じているためだろう。先日、テロの授業をした高校の社会科教諭と話していて、I apologize for the state of American politics today と言われた。

普段から謝罪の声を聞くこと自体があまりない国で、しかも自分に責任があるわけでもないのにも関わらずである。もちろん、心の底から謝罪しているわけでもないだろう。どちらかというと初めて会った日本出身の人間との会話を進めるための一言に近い。

ただ私もアメリカ生活十数年である。この大統領選挙戦よりも酷い政治を見ている。オバマの業績も正直言えば大したことがないのであまり比較されないが、2000-2008年のブッシュもかなり酷かった。不必要なイラク戦争から2007年からの財政危機。 今のアメリカ社会はその影響を未だに引きずっている。なのであまり気にしないようにと返事している。
月別アーカイブ