Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2016年02月

今月の最高気温

image

同僚宅での夕食会

金曜日の夜は、学部のアメリカ人の同僚と家族一緒の夕食会を開いた。セントルイスの中央部に位置する同僚の自宅に招待された。お土産に手作りの石鹸と月桂冠の梅酒を持っていったら喜んで、後者は夕食の最中に開けて飲み始めた。実際、美味しかった。

セントルイスに来て以来、空軍の時よりも家族ぐるみの付き合いは減っている。それは私の大学の環境が理由というわけではなく、ほぼ単純に軍隊では家族やグループでの社交の頻度が圧倒的に高いからである。

しかし私の学部は人間関係は非常に良い場所で、別のところであったら間違いなく喧嘩が起きていただろうと思える状況でも、驚くほど平和的に問題が解決されている。従って職場でのストレスはほとんどない。授業を別に考えれば、自分の研究を進める環境が職場にはしっかり用意されている。

そんな中でのこのような夕食会は良かった。我々ではほとんど行かない街の部分を見ることができたのも良かった。

「イスラム国」講演の依頼

セントルイスの国際問題評議会から講演の依頼を受けた。議題はイスラム国。私はこんな組織がここにあったとは知らなかった。しかし向こう側は私のことを知っている専門家(私はその人を知らない)から話を聞きつけ、私のCVや著書を見て依頼することを決めたという。

面白いものである。そしてこの種の依頼は空軍を辞めて民間の世界に戻ってきてから増えてきた。確かに空軍にいた時は比較的融通の利かないスケジュールや役職で自由が限られていたため、対外活動を自粛していたこともある。

ここ最近は日本を中心とする東アジアの安保問題を中心に研究を続けてきた。先週はサザン・メソディスト大学、そして来月はイェール大学で日本の安保問題について講演する。しかしテロや反乱軍の問題の研究も続けている。去年はサウスカロライナ大学で講演したし、偶然、今日はセントルイス大学で地元の高校教諭を相手にテロリズムの講義をする。

サザン・メソディスト大学を訪問して@ダラス

サザン・メソディスト大学タワー・センター兼政治学部の武内教授のお招きを受け、ダラスを訪問した。前回に続いて、今回は大学キャンパスの模様やイベント、ブッシュ大統領博物館などの様子を伝える。

まずは大学を歩いてみた。とても綺麗なキャンパスである。大き過ぎもなく、重要な建物には歩いていける。滞在したホテルが近くだったこともあり、キャンパスをたくさん歩いた。そして暖かい。この時期セントルイスは大雪で寒いのに、ダラスでは日中は半そで短パン、ビーチサンダルで歩いている学生を見かける。私が滞在したときには最高気温は22度まで達した。

image

image

サザン・メソディスト大学のマスコットはマスタン(野生化した小型馬)である。私の大学のマスコットが戦いを挑んだら数秒のうちに返り討ちにあうだろう。

image

大学施設は整っている。キャンパスの一部の建物はまだ新しい。これは学生センターの内部。

image

今回の訪問の目的のひとつであった、研究発表。「日本の軍事力」と題したプレゼンを約45分こなし、質疑応答が20分ほどだった。15人ほどの方々が話を聞きにきてくれた。受けた質問も大切なものが多く、日本への関心の強さを実感することができた。忙しいところ時間を作って下さって感謝している。

発表の前には日本語を学んでいる学生からインタビューを受けた。日本を含む東アジアの情勢に精通していて感心した。

image

翌日、ダラスのホテルで開かれた日米関係のシンポジウムに参加した。Japan Update と題されたこの会議には多くの日本人、アメリカ人が参加し交流を深めている。同志社大学の村田学長を含め、多くの専門家から大切な話を伺うことができた。この規模のシンポジウムは日米関係者にとっては非常に重要な機会であり、興味の強さを示している。今後はセントルイスでも少しずつ参加していきたい。

下の写真はシンポジウム会場の模様。

image

滞在中には時間を見つけて、サザン・メソディスト大学に位置するジョージ・W・ブッシュ大統領の博物館を訪れた。博物館はちょうど良いサイズで、1時間ほどで重要なものを見ることができる。私にとっては大統領博物館を訪れるのは初めてのことで興味が沸いた。今後も少しずつ別の大統領のを見ていきたいと思う。

image

ブッシュ前大統領の本の題名にもなった Decision Points。The Surge とは2007年以降のイラクにおける米軍の増員のことを意味する。

image

ローラ・ブッシュ氏の貢献についても多く展示されている。

image

また、小泉前首相がブッシュ大統領に送った弓矢も展示されている。

image

これは執務室のレプリカ。大統領当時に使っていたものをそのまま再現している。
写真 2

最後は今回のテキサスお土産。

image

ダラス市内の模様

サザン・メソディスト大学タワー・センター兼政治学部の武内教授のお招きを受け、ダラスを訪問した。まずはダラス市内の模様を伝えたい。次のエントリーではサザン・メソディスト大学でのイベントについて書く。

大学近くから地下鉄に乗り一路ダウンタウンへ。今回泊まったホテルから中心部までは約30分ほど。

image

まずは腹ごしらえと、予め見つけていたアメリカ南部風のレストランを訪れた。左下のはグリッツ、メインディッシにはハッシュ・ブラウンとスクランブルエッグ、ソーセージなどである。場所は中々評価の高い Ellen's Southern Kitchen

image

その後は観光地のひとつであるレユニオン・タワーに登った。そこから見るダラス中心部の景色は圧巻である。

image

image

image

タワーを降りると、徒歩圏内にジョン・F・ケネディ殺害に使われたとされるビルが残されている。そこに向かって歩くと公園がある。

image

そしてその向こうにある建物が、Six Floor Museum である。

image
月別アーカイブ