Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2016年05月

近所のガチョウの成長

昨日、近所の池に行ってみると、一ヶ月前はまだ小さかったガチョウの子供たちが成長していた。

image

子供たちの首元にはまだ産毛が付いている。前もそうであったように、親が両サイドを固めて子供を守りながら移動する。子供たちが親離れするのはいつごろだろうか。

image

image

「戦争・平和・政治」の授業

秋の授業では新しいクラスを教える。「戦争・平和・政治」という国際安全保障学のクラスである。自分が今まで最も教えたかったトピックで楽しみながらシラバスを作っている。相手は高学年の学部生と大学院生である。

授業では国際安全保障で最も重要だと思われるトピックを選んでいる。クラウゼウィッツと孫子の兵法から始まり、戦争(と平和)の原因、戦争における勝利の収め方、サイバー戦争、テロ、核戦略、ドローン作戦の是非、中国の軍事力などを含み、そして次期アメリカ大統領の安保政策の日は、11月上旬の大統領選挙の週に充てている。

アメリカ空軍戦争大学のコイン

アメリカ空軍戦争大学の今年のコインを頂いた。コレクションは続く。

image

image

「アメリカン・スナイパー」の軍歴詐称の疑い

去年のこの時期に観て感想を書いた映画「アメリカン・スナイパー」。そのモデルになった実在の人物が、実は自分の軍歴と表彰を作り上げていたことが分かった。もし事実なら残念なことである。彼が所属していた海軍が調査を始めたとのことである。

軍人に対して社会全体で敬意を表するアメリカのようなところでは、軍歴はその人間のキャリア、そして時には人格でさえも大きく形成する。就職の面でも軍人は民間人よりも優遇されるポジションが、特に政府の中に多い。私の友人や知り合いの中にもその影響を受けた人間は多い。元軍人ならではの職もある一方、必ずしもそうでない場合でも軍人が優遇される場合があるため、希望の通らなかった民間人からその種の話を聞く事がある。

しかし同時に、表彰されたメダルの数が2個ではなく5個だったからといって大きな違いを生むわけでもない。要はその経歴をどう使うことができるのか、自分の中でどう受け止めるのか、そして自分の利益や国益にどう反映させるかである。私も米軍を辞める際、予想もしていなかった名誉を頂いて嬉しかったが、今のところはそれが家宝になったくらいで、具体的にどのような恩恵を得られたかは私自身も不明に感じているる。

アフガニスタンのタリバンの司令官交代について

米軍は先日の爆撃で、アフガニスタンのタリバンのマンスール司令官を殺害した。パキスタン国内での爆撃に、イスラマバードに知らせることなく、そして許可を得ることなく攻撃を実行した。ビンラディン殺害のやり方に似ている。違いと言えば5年前は海軍のシールズを送ったが、今回はミサイル攻撃だったことである。早速タリバンは次の司令官を発表した。活動は今後も続くだろう。

アメリカとパキスタンの関係は対テロ戦争における必要上維持されてはいるが、信頼関係はほとんどない。中国と近いパキスタンは、ビンラディン殺害の作戦で不時着したブラックホークをまず最初に中国関係者に見せている。マイク・マレン・統合参謀本部議長はパキスタンのカウンターパートだったカヤニ陸軍参謀長との信頼形成に力を注いだが最終的に失敗したと認めている。アメリカの政治ドラマ「ホームランド」のシーズン4の舞台はパキスタンだが、そこでもアメリカとの極めて微妙な外交関係が上手に描かれている。

パキスタンが南アジア政情で重要な国であるのは今後も変わらない。そして限られた経験上の話だが、政治関係の教育は質が高いとの印象を持っている。米空軍では自分が担当した「アジアの世紀」のゼミでパキスタンからの留学生を教えたが、礼儀正しく優秀で、アメリカ人の優秀な佐官でさえも授業で何度も論破していた。
月別アーカイブ