Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2016年08月

ゲートウェイ・アーチ@セントルイス

セントルイスに引越して一年が経ち、この街のシンボルの一つであるゲートウェイ・アーチを観光する機会があった。普段は中々行く機会がないが、今週末に大学院時代からの友人が我々を訪れてくれ、みんなで楽しく一緒に行くことになった。

街の中心部に車を止めて歩くこと10分。アーチの足元から見上げて一枚撮った。
20160827_120757

そして予め買っておいた切符を使い、「トラム」と呼ばれるケーブル式のゴンドラに乗って約4分、頂上に到着。頂上での降り口はこのような感じ。
20160827_112800

頂上はあまり大きなスペースではないが、100人くらいは入れるのだろうか。
20160827_111322

天気に恵まれたこともあり、良い景色を拝むことができた。ミシシッピ川を挟んだこちらがイリノイ側。
20160827_111351

そしてこちらがミズーリ側のセントルイス。
20160827_111527

セントルイスのアーチ屋上からの景色

20160827_112006

国際安全保障のゼミ開始

今週は国際安全保障のゼミを行った。受講者は15名。大学院生は4人。

普段は初日は授業に関する事務的な説明で終わる場合がほとんどなのだが、今回は初日から宿題を果たし、2時間ほど議論をこなした。授業の内容は世界各地の安全保障問題に関する論文を6種類考察し、現在世界のどこで重要な安保問題があるのかというものだった。

私の大学では安全保障の授業はあまり進んでいないため、学生の多くが苦労するだろうと思っていたが、授業をしてみると良い意味でその予感が裏切られた。初っ端から極めてレベルの高い議論と情報の交換が行われた。大学院生はさすがに知識は幅広く、多くの場合で議論を引っ張ってゆくのだが、大学生も数名それにしっかり付いていき、堂々と自分の意見を述べていた。

来週はクラウゼウィッツ、孫子などを話す。簡単なクラスではないが頑張る生徒にはしっかりと付いてきて欲しいと思っている。

大統領候補に与えられるインテリジェンス・ブリーフィング

先週水曜日に行われたトランプ候補へのインテリジェンス・ブリーフィング。6月に遡るが、CIAの元副部長のそれに関するインタビューで有益なものがあった。

当然のごとくクリントン候補とは様々な面で異なるブリーフィングのようだ。

海外出張に関する大学記事

先月下旬より行った海外出張に関する記事が、大学の新聞に掲載された。この夏に教員がどのような研究をしたのか、というシリーズの一環である。これが少しでも日本の知名度の上昇、そして自衛隊への理解へつながればと願っている。
月別アーカイブ