Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2017年02月

地元コーヒーとミャンマー

地元のコーヒー焙煎への情熱は高まるばかりである。大学教授の仕事が失敗した場合のプランBは過去にも記した通り、トラベル・ジャーナリストだが、最近はコーヒーへの興味が上昇するにつれ、喫茶店の経営も悪くないかなと思い始めてきた。半分冗談だが、引退した後の仕事としては面白い。

20170212_114513

昨日行ったこのカルディス・コーヒーのラテは本当に美味く、今後も行き続けることになるだろうとは思う。しかし毎日買い続けると経済的な負担もあるので、ここ最近は海外から上質のコーヒー豆を輸入して自宅で焙煎しようかと考えるくらいである。昨日行ったカルディス・コーヒーではコロンビア、エチオピア、ミャンマーなどから豆を輸入し、その場で焙煎して翌日より店頭に出していた。ちなみに私の家族はコロンビア豆を堪能していた。

私が興味を持つのはミャンマーである。私が去年ヤンゴンの中央市場を歩いていた際、ある店でミャンマー北部で取れたコーヒーを売っていたので、一口もらって飲んでみた。美味かった。ビザも必要だし、多くの人にとっては生活も厳しいので、中々行ける所ではない。中々飲めるものでもない。次に飲むコーヒーはミャンマーで決まりである。

そう心に誓って仕事に出かける月曜日

店頭に置いてある珍しい自宅検査キット

先週こちらの100円ショップで見かけたマリファナ検査キット。反応が出るか自宅で調べられるらしい。

ちなみにここミズーリ州ではマリファナ使用は違法だが、少量の所持は合法化されており、医療用等例外的な使用も許可されている。

20170212_104807

「トランプ政権の誕生が意味すること」@治安フォーラム

連載させて頂いている「治安フォーラム」で拙稿「トランプ政権の誕生が意味すること~アメリカの国内問題、アジア政策、そして日本の防衛政策」が掲載されました。今回は8,000字と長めの論文です。

本稿ではトランプ当選後のアメリカの対露政策、中国、サイバー、TPPなど重要な国際問題を取り上げています。そしてそれらが日本の対米政策にどう影響するのかについても述べています。

新しい喫茶店

ここ最近、おいしい喫茶店探しが趣味になっている。今朝は大学近くにできたばっかりのカルディス・コーヒーを訪れた。

20170210_094704

綺麗な店内にはセントルイス大学の学生らしき若者が多く陣取っていた。私は幸運にも窓際のいい感じのソファーの席をゲット。授業の準備があったがつい長居してしまった、楽しい空間。

20170210_095303

火曜日のランチは Mimi's で

天気の良かった今日はドライブがてら、チェスターフィールドの Mimi's Cafe を訪れた。チェーン店であるこのイタリア料理屋を最後に訪れたのは、アラバマ州はモンゴメリー時代の近所の店で数年前。というわけで多少の郷愁を味わいながらの昼食になった。

20170207_111127

まずはモカ・ラッテ。

20170207_111445

そしてメインのサーモングリルとステーキ。見た目とは違い、ポテトも美味しかった。

20170207_113318
月別アーカイブ