Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2017年03月

「対イスラム国作戦が日本に意味すること」が出版されました

治安フォーラムの4月号に、拙稿「対イスラム国作戦が日本に意味すること」が掲載されました。今回は防衛大学でお世話になっている広瀬教授の論文も掲載されています。

拙稿では対イスラム国作戦に及び西洋諸国がなぜ苦戦しているのか、トランプ政権におけるアメリカのみではなぜイスラム国を倒せないのか、そして対イスラム国作戦においてトランプと話し続けるのはなぜ日本の国益になるのか、なども問題を検証しています。宜しけれぜひどうぞ。

ここ最近

春休みを経て、大忙しの日々が続いている。大学で授業をする時間以外は、同僚とまったり話をすること機会も少なくなった。家族とも協力して前に進んでいる。

無人飛行機に関する一冊

出版社から本が一冊送られてきた。無人飛行機に関するものである。

20170322_221256

タイムリーで中々面白そうなタイトルである。来学期はアメリカの外交政策の授業を担当するので、その授業でも使えるかもしれないと、目次を開けてみた。

20170322_221307

無人飛行機の情報はセンシティブな内容が含まれることがあるため、多少モザイクがかかっている。そう思いながらページを進めてみた。

20170322_221327

左のページの最初と途中の部分は頑張れば内容が分かる程度である。後半と右ページに関しては諦めるしかない。次のページに行くと…。

20170322_221336

ふーん。

アメリカ人がこれを言うときは…

アメリカ人との挨拶のときに知っておくととても助かるグラフがあった。かなり現実に近いもので是非参考にすべきである。

a

来学期の授業のポスター

来学期の授業のポスターを作った。これが数日後に学部のメールで学生に配信される。

最大17人のゼミに、何人くらい登録するだろうか。

POLS 4390:

US Foreign Policy

Take this seminar to discuss America’s foreign

economic policy, security policy, cyber strategy, relations with the United Nations, China, and Russia, and of course, Trump’s foreign policy.

Prereq: POLS 2000

asd
月別アーカイブ