Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士号取得→アメリカ空軍戦争大学勤務→現在はセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。

2017年11月

新聞記者のインタビューに応えると

ニューヨークの大手新聞記者からの依頼で日本の安全保障政策についてインタビューを受けた。大学オフィスで1時間近くかけて丁寧に、そのアメリカ人記者の質問に答えた。いつごろ記事になるのかなと思いながら、その後記者から送られてきたメールで書いてあったのは何と、

「この内容についての記事はしばらく書きません」




(゚ロ゚;)エェッ!?





ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!





しばらくして記事にはなるかもしれないが、その保証もないまま記者のために費やした貴重な1時間。それだったら家で娘と一緒に遊んでたほうが良かったぜ!

論文完成させ投稿する

感謝祭の週末は論文を一本終わらせ、国際関係学のあるジャーナルに投稿した。良い報を待つのみ。

我が家のサンクスギビング

育児で忙しいところ、妻が感謝祭のための料理を作ってくれた。

20171123_110515

買い物は3人で出かけた。昨日行ったトレーダージョーズは七面鳥を買う客でごった返していた。ちなみに去年のご馳走はここから。

トランプが核攻撃を命令するまで

昨日の USA Today 誌に、トランプ大統領がどのような過程を経て核攻撃を命令するのか、という情報が書いてあった。記事はここから。

トランプが空軍に核ミサイルの攻撃を命令する場合、空軍司令官がどう対応するのか、という疑問が上院を含めたワシントンの各地でなされている。この記事では具体的にどのようなステップを経てそれが起こり得るのか、について叙述してある。以下の通り。

1. The president consults with his advisers. They explain his available options, and the Strategic Command chief located near Omaha, Neb., gives a recommendation.


2. The president chooses an option and orders the Pentagon war room to implement it.


3. The Pentagon war room asks the president to authenticate the order using a code, the  "biscuit."


4. The war room formats and transmits a launch order that is the length of a tweet directly to executing commanders in submarines, to those overseeing land-based rocket missiles in the mid-Western U.S. and to bomber forces.


5. The launch order is checked for its authenticity by commanders using special codes that they already possess.


6. The launch orders are transmitted to all commanders around the world simultaneously.


7. If the codes are authenticated, the land-based weapons are fired within a minute or two and within 15 minutes for submarines.


Hyten 司令官によると、違法の核攻撃命令の場合はそれを拒絶するとのことである。上記のステップには合法性は述べられておらず、仮定されている。従って現実はより複雑なやりとりがあると思われるが、合法性を乗り越える場合、アメリカからの核攻撃の過程は明確であるように思える。

在シカゴ総領事がセントルイス大学を訪問す

月曜日の授業ではシカゴの日本総領事館から伊藤総領事をお招きし、日米関係の講演をして頂いた。私や学部、そして学生にとってはとても名誉なことで嬉しかった。

講演の前には予め用意しておいた日本のチョコレートや煎餅を生徒たちに配布し、日本の文化的側面の理解を促した。チョコレートはもちろん、煎餅を気に入っている生徒もいたので良かった。

1

日本の外交政策における重要事項を説明する総領事。一つ一つしっかり説明して頂いた。生徒も頷きながらノートを取っていた。

3

今月下旬の日米サミットを含めた、日米首脳の会談について語る総領事。

2

質疑応答の後、生徒たちと記念撮影。今回はミズーリ州の日本名誉総領事(写真最右)とも挨拶をすることができて良かった。

4
月別アーカイブ