Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

2018年01月

ビジネス・インサイダーとのインタビュー

数日前にインタビューを受けた記事が先週末出ていたようだ(China's military is turning its aggressive South China Sea tactics on Japan)。日本の安全保障について書かれた記事で、ロシアや中国の空軍がいかに日本の安全を妨げているのか、について詳細を出している。私が話した部分の大半は編集の過程でカットされてしまったが、今回も日本の安全保障に関して正しい知識をアメリカから発することができて良かった。


海軍兵学校会議に参加する生徒が決定!

毎年春、海軍兵学校ででは大学生の年次会議が開かれ、選ばれた学部生がアメリカの外交問題を様々な角度から議論し交流を深める。今まで私の大学は招待されていなかったが、年末に私が兵学校の代表と交渉し、今年より私の大学にも招待状が来るようになった。政治学部がスポンサーになり、海軍とコストを共有することになる。ただ、大学を代表できるのは僅か1名の生徒である。

冬休みを通して政治学部の学生を中心に参加者を募ってみると、先週の締め切りまでに8名の学部生が手を挙げ、履歴書と願書を提出してきた。今回、私が中心になり学部の別の教授と共に審査会を行い、代表の生徒を決めた。私もその教授もよく知っている、学部でもトップクラスの学生である。早速、その生徒におめでとうと伝え、オファーを出し、今後の方針を説明した。

この会議は私が博士候補だった数年前にもシニア・アドバイザーとして2度参加した、1960年から続く由緒ある国際会議である。陸軍兵学校のそれにも劣らず、海軍らしく参加者には会議の一環として船に乗せるサービスもあった。ちなみに日本の防衛大学もこの会議に学生を送ることがある。世界の裏側から日本人を代表してメリーランドの港で会議に出席するのである。日本にとっても、防大にとっても、その参加者にとっても、とても良いことだと思う。

Costco のマドレーヌを買ってみた

Costco のメンバーになった際、せっかくなので買い物をしてきた。幾つか買ったもののうち、今回気に入っているのはこのマドレーヌのセット。

20180128_093735

6ドル99セントで約28個入っている。「約」と、アバウトのところがアメリカっぽい。

20180128_093850

とても柔らかく美味しいマドレーヌである。コーヒーが進む進む。

大学の学食からの景色

授業前の朝食にて。朝8時の授業に向かう生徒がちらほら見える。

20180125_074715

日本が世界トップ5の国に選ばれる

U.S. News が発表した、世界の国ランキングで、日本が5位に選ばれている。ちなみにアメリカは8位である。

https://www.usnews.com/news/best-countries/overall-full-list

そのランキングによると、日本が5位に選ばれた理由はここに書かれている。

誇るべき順位であると感じる。日本であまり報道されていないのが正直不思議である。
月別アーカイブ