Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士号取得→アメリカ空軍戦争大学勤務→現在はセントルイス大学の政治学部で教えています。政治学部准教授、国際関係学科主任、そしてアジア学科主任。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。

2019年05月

「治安フォーラム」に拙稿を提出

04190921_5cb9149d0a917連載させて頂いている「治安フォーラム」に最新の論文を提出した。内容はパトリック・シャナハン国防長官代行に関する米政権の人事に関するもので、校訂を経て数ヵ月後に出版される見通しだ。

ちなみに、最新号である「治安フォーラム」の6月号では、「ロバート・ムラー捜査報告書は日米関係に何を意味するか」と題した論文を発表した。

オリンピック・パラリンピック申し込み

オリンピック・パラリンピックの申し込みは締め切り前に無事完了。日本時間の深夜近くで数十分待ったが、開会式と閉会式をしっかり希望しておいた。あとは待つのみ!

シックス・フラッグス訪問

セントルイスにあるシックス・フラッグス遊園地の年パスを家族単位で購入したのは数ヶ月前。乗り物乗り放題、昼食、おやつ(巨大アイスクリームなど)の含まれた年パスで、遊園地も遠くないため、期間を通して何度でも行くことができる。

なので昨日、今年5度目となる訪問を行った。平日だったので家族連れが少なく、遊園地は空いていると思いきや、夏休みに入った高校生の大群が押し寄せていた。夏休み用の黄色いスクールバス何台も使って来ていたので、こちらが昼食を買うのも大行列。普段使っているハンバーガーや中華を諦めた。しかし無事BBQタコスと巨大ホットドッグにありつき昼食は取れた。

また、うちが普段よく使うメリーゴーランドは、高校生にとってもう楽しくないのだろう、我々がメリーゴーランドに乗ったときはガラガラ状態で、うちの子が一番好きな席が空いていたので、3連続で乗って楽しんだ。

Critical analysis of the ISIS war: The US, ISIS, and Jabhat Fatah al-Sham

8月下旬に開かれるアメリカ政治学会年次会議のプログラムが発表された。そこで発表予定の論文のまとめを添付する。

論文の内容は、イスラム国が2013年からの5年間でどのように発展し、現在の状況に至ったのか、そしてアメリカや他のライバル・グループとどう対立してきたのか、などについて論じる。11月下旬にドイツで発表予定の論文とも関連している。

Critical analysis of the ISIS war: The US, ISIS, and Jabhat Fatah al-Sham

I assess how successful ISIS was in achieving its goal from the time of its separation from the Islamic State in Iraq (ISI) in 2013 to 2018. I explore what ISIS did and did not do in its effort to prevail in military, fiscal, cyber, and political aspects of war. I make two arguments. First, ISIS failed to emerge as a clear-cut winner in 2019 but did so along with all its competitors, including the United States, because all parties fought multi-front wars that diminished the chance of outright victory while pursuing blurred and uncoordinated objectives. None of them was continuously decisive enough in the battlefield, cyber sphere, and international political arena to avoid a collective stalemate. For ISIS, the main challenge was to gain political traction for its objectives while fighting many enemies, which proved to be too hard to make drastic progress on the war. On the other hand, the US-led multilateral coalition failed to deliver on its stated interest in defeating ISIS, which was shared by President Bashir Assad of Syria and al-Nusra Front. The second argument I make is that the errors ISIS made during the five years turned out grave enough for its opponents to exploit. Over time ISIS is more likely to lose than win the war. It has no stable sources of self-sustenance at its disposal, with few political supporters outside the battle zone and financial sources constantly curtailed, and it remains militarily inferior to most of its main opponents. ISIS does not explore alliances with Russia, Iran, and major non-state actors to its advantage; even if it did, it is doubtful that ISIS would be able to mobilize them all effectively to defeat its opponents.

The paper is organized in three sections. The first section is “competing perceptions of victory” where I discuss how participants in the war defined their primary objectives and perceived what a victory would look like when achieved. The second section is “ISIS strategy” where I investigate how ISIS’s strategies in military, economic, and cyber spheres have fared against coalition members. The final section is “policy implications” where I offer policy prescriptions to the US policymakers and strategists of the war, before I conclude.

「Shinzo Abe's Indo-Pacific Strategy: Japan's Recent Achievement and Future Direction」が出版されました

拙稿「Shinzo Abe's Indo-Pacific Strategy: Japan's Recent Achievement and Future Direction」が Asian Security 誌にて出版されました。先日書いていた論文です。興味のある方はどうぞ。PDF版も喜んでお送りしますのでお気軽にメール下さい。

この論文を出版するにあたり多くの方に協力して頂き、感謝がしきれません。特にここ数年お世話になっている同僚の政治学者の方々や、論文をチェックしてくれた友人、ここではもちろん名前は出しませんが、航空自衛隊、海上自衛隊、国家安全保障会議の方々には多くの時間を割いて頂きました。彼らの協力を今後も生かすよう、これからも頑張ります。
月別アーカイブ