Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士号取得→アメリカ空軍戦争大学勤務→現在はセントルイス大学の政治学部で教えています。政治学部准教授、国際関係学科主任、そしてアジア学科主任。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。

2019年07月

香港

300px-Demonstration_in_Wan_Chai_Hennessy_Road_overview_20190609毎日のように新聞を賑わしている香港。情勢を見ていて思う点が二つ。

1.デモの鎮圧に当局が苦労しているが、一方でこのデモがなぜ中々成功しないのか疑問に思う。デモが武力の差により困難化しているのは理解できる。しかし同時に、中国の民主化を望む国にとっては静かに介入する絶好のチャンスでもある。そのため、外部の機関が相当の資源を使って情報収集と政治工作をしていることは考えられる。

しかしデモが始まり数週間、結果が出ていない。中国の民主化を進めるためにはまずは香港で成功する必要がある。このデモが鎮圧されればその機会はまた数年やってこない。今以上のリスクをおかして中国の民主化を促す国は少ないのかもしれない。

共産党による鎮圧が成功すれば、中国の民主化は更に遠のくことになる。共産党の統治力も高まり、現政権も強化されるだろう。

2.香港の地形は面白い。スノーデンが2013年に一時的な逃亡先に香港を選んだ理由は想像できる。アメリカと中国は犯罪人引渡し条約が無く、香港の経済発展は著しいため、ネット環境も整っており、一時滞在はしやすい。

彼は日本にも数年いたくらいであるから、過去にも香港を訪問していたのかもしれない。また、繁華街から一歩でも路地裏に入れば、複雑な地形のため、少なくとも数ヶ月の間は協力者にかくまってもらうことができる。

ただ、最初の滞在ホテルに The Mira は良案だと思わない。西洋人が多く宿泊する場所だが、尖沙咀のど真ん中のホテルはマスコミも大量に入れ、セキュリティのカメラも多く、裏口からも逃げにくい。逆にメディアのアクセスを利用しようとしたのだろうかと思ってしまうが、実際に彼が使ったメディアはほんの幾つかに過ぎなかった。

ハフキンズ@ロンドン

そうえいば、こないだイギリス行ったとき、行ってきましたハフキンズ。家族土産の購入のため。ロンドン南部のウィンブルドンからタクシーで20分。コッツウォルズに多いこの喫茶店のロンドン地域第一号店が、オープンしたばかりだった。

時間に押されていたのでこの可愛い喫茶店で食事をすることはできなかったが、この店は Kingston upon Thames にある綺麗なショッピング・センターの2階にあり、見ての通り日光が沢山入ってくるガラス張り。
1564089314246

今回購入したのはショートブレッドからマフィンからハンドバッグまで沢山。帰りのスーツケースの半分はお土産で埋まった…。
20190725_141900

Lonely Planet のテーマソング

この曲を知っている人は、私と同じ世代の方に多いかもしれない。


私は高校時代、学校が終わるとすぐに帰宅しこの番組を見ていた時期があった。関東では確か午後4時ごろに衛星放送で1時間ほど放送されていた。番組のホストは数人いたのだが、その中の一人である、イアン・ライトの日が楽しみで、世界各国を訪れる彼のユーモアに溢れた現地取材が楽しかった。

これは先日、ユースホステルの話を家族としていた時に思い出した。私はこの番組から強烈な影響を受けたこともあり、高校卒業前にイギリス、アイルランド、フランスでユースホステルに滞在しながら数週間バックパック旅行をした。旅行中は私よりも遥かに経験のある人と話して更に刺激を受けた。

その時に携行したガイドブックは日本語の「地球の歩き方」だったが、数年後に再びバックパックをしたときは、Lonely Planet に変わっていた。




ワシントン大学にて講演

セントルイス近郊のワシントン大学(写真下)からの依頼で、11月上旬に講演することになった。

d4d17de4

議題はサイバー防衛と抑止の戦略で、先月オックスフォード大学で発表したものである。この研究は元々マンスフィールド財団の日本研究で始めたもので、去年6月にはワシントンの外交問題評議会でも発表した。

こうやって声をかけてくれるのはとても嬉しい。また、重要な安全保障の問題にもしっかり目を向けていることも大切なことである。

ブリュッセルのアルバムを追加

先月訪れたブリュッセルの写真が残っていたので追加する。

まずは欧州議会ビルにて。右のはベルリンの壁のかけら。
20190604_120702

ベルリンの壁崩壊(冷戦終焉)からほぼ30年、今も将来はヨーロッパにあるようだ。英語よりもフランス語やオランダ語が通じるベルギーで、わざわざ英語でアピールしている。欧州議会へ向かう途中で見た壁絵。
20190604_112700

欧州議会から徒歩でブリュッセル中心地へ。グラン・プラスにて家族へのお土産のチョコレートを探す。
20190604_134058

ホテルまでの帰り道、有名なショッピング・アーケードで、再びお土産のチョコレートとワッフルを探す。
20190604_135205

大雨の後の夜食はビールとフライドポテト。翌朝は4時起床。
20190604_215528
月別アーカイブ