Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士号取得→アメリカ空軍戦争大学勤務→現在はセントルイス大学の政治学部で教えています。政治学部准教授、国際関係学科主任、そしてアジア学科主任。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。

2019年11月

デュッセルドルフ中心地を歩く

今回の出張では移動や買い物や仕事で大急ぎだったため、自由時間がほとんどなかった。それでもデュッセルドルフでは1時間ほど歩くことができた。今回はこの街で見たものを掲載する。

まずはオールド・タウン。この街の繁華街だ。
20191123_131210

この日は地元チームのサッカーの試合があったこともあり、街の人はこの繁華街に繰り出し、何十とある飲み屋で試合前のビールを飲んでいる。歩くのが大変なくらい混雑していた。
20191123_131218

20191123_131310

デュッセルドルフの旧市庁舎。この時期にはクリスマス・マーケットを催している。
20191123_131436

旧市庁舎を正面から。
20191123_132831

クリスマス・マーケットのツリー。
20191123_132903

20191123_132822

各店舗で様々なものが売られている。これは可愛らしいクリスマスのオーナメント。
20191123_131501

20191123_131506

クリスマス・マーケットにあるメリーゴーラウンド。
20191123_131523

旧市街から見るライン川。この写真の奥には別のクリスマス・マーケットがおり、ここからでも観覧車が見える。
20191123_131707

20191123_131856

20191123_131826

20191123_131736

旧市街の露店。ディスニーランドで見る光景のようだ。
20191123_132309

20191123_132326

20191123_132331

20191123_132413

20191123_132424

20191123_132445

オルゴールの様な音を出す機械を奏でる人。
70600040_10104794128714427_304307340683771904_o

20191123_132544

時間がないので大急ぎでデュッセルドルフ中央駅に向かう。旧市街からは徒歩で20分ほど。
20191123_133951

20191123_133922

先日のエントリーで書いたクレープ屋はこの店。
20191123_133927

大手デパートのギャラリア。ドイツ各地にある。

20191123_134110

市内を流れる運河。
20191123_134240

ドイツの食べ物シリーズ・店内編

今回はデパートなどで見かけた食べ物を適当に添付する。

フランクフルトのギャラリアは数年前にも訪れた。今回はクリスマスシーズンだったこともあり、チョコレートの部門は充実していた。
20191123_195634

20191123_172645

デパ地下にあった食材店にて。
20191123_181755

20191123_183103

ドイツの食べ物@ホテル・街中編

今回はドイツで試した食事編。

ベルリンでの立食ファストフード。チェーン店のカリー・ワーストである。ポテトにマヨネーズのコンビはシブい。これで500円ほど。
20191120_180431

ベルリン駅にて。右下のはクロワッサン。上のはチーズタルト。ポルトガルで食べて以来好物になった。
20191121_050817

ハラのレストランにて。このサーモンはとても美味しく、日本人の味に極めて近い。場所はハラの Alchimistenklause
20191121_194420

同じ場所にて。ザクロのジュース。生クリームとのセットは甘党の私にとって感激ネタ。
20191121_192528

泊まったホテルの朝食の模様。朝6時で一番乗りである。
20191122_060801

中央奥のナスの炒め物は美味しかった。
20191122_060918

ドイツならではの肉料理。
20191122_060924

朝食場所にて。
20191122_061413

20191122_061433

デュッセルドルフで食べたクレープ。目の前で作ってくれる。これはイチゴジャム。
20191123_133558

20191123_133606

出来上がりを傍のテーブルで食べる。
20191123_133654

20191123_133659

テロ事件が起きたシナゴーグを訪れた@ドイツ


私は日中は朝から晩まで研究会だったため、早起きして現地に向かった。近所は静かな住宅街だ。こんな所でテロが起きるとは想像しがたい。
20191122_075009

円形の可愛い公園。ドイツにはこういうのが多い。
20191122_075229

教会を見つけた。丘の上に立っており、周りを囲む住宅街を見渡せる構造になっている。
20191122_075706

20191122_075759

教会から5分ほど歩くと、悲劇の場所となったシナゴーグを見つけた。ここも静かな住宅街である。近くにはユダヤ人が経営するパン屋があった。この写真右手には警察のテントが見える。
20191122_080516

右手にはシナゴーグへの入り口が見える。テロ犯人はここから突入を試みたのだろう。ドアが固く閉められていたため失敗したようで、犯人は代わりに偶然この場所にいた人間を射殺したらしい。そして今、その場所には花束やメッセージが置かれている。
20191122_080540

私がこの場所に来ると、散弾銃で武装した警官3人が近づいてきた。上の写真にある、入り口の部分を見るとセキュリティ・カメラが装着してあった。近づく私をそれで見ていたのだろう。私はこの場所に立っていただけなので、特に話しかけられることもなく、静かにすれ違ったが、私のことはしっかりと見ていた。事件以降、こうやって写真撮ったりする人たちをずっとそうしてきたのだろう。
20191122_080554

現場に置かれている花やメッセージを見ると、ナチスのマークをゴミ箱に捨てているのがあった。
20191122_080749

シナゴーグの目の前には給水塔があった。
20191122_081126

デュッセルドルフの日本人街を歩いてみた

ドイツ西部の都市デュッセルドルフの日本人街を歩いてみた。5000人ほどの日本人がこの街に住んでいるようだ。確かにこの日本人街ですれ違う人の半分ほどは日本人で、普通の日本語で会話している。日本に興味を持つドイツ人も多く、路上でたこ焼きを食べていたり、このように本屋の前で日本の文化を見る人も多い。

20191123_135147


20191123_135200

20191123_135027

20191123_135016
月別アーカイブ