Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士号取得→アメリカ空軍戦争大学勤務→現在はセントルイス大学の政治学部で教えています。政治学部准教授、国際関係学科主任、そしてアジア学科主任。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。

2020年02月

オランダ王立防衛大学校

今回の出張はオランダ防衛省主催の会議で、世界の抑止戦略を検証することを目的としていた。今回の会議については、5月出版予定の「治安フォーラム」で詳細する。
20200221_083053

会場はオランダ南西部のブレダに位置する王立防衛大学校だった。前の晩は暴風雨の中レストランに集合し、遅くまで会議出席者と夕食会に参加した。

翌朝、時差ぼけを振り絞って防衛大学校へ。この写真の中央にある建物が学校にあるお城である。
20200211_092939

大学に通じる小さめの入り口。私はここからは入らず、正面玄関から入った。
20200211_093208

20200211_093238

右の部分が正面玄関。私の名前などは相手側に伝わっていたため、入場は簡単だった。それよりも、この大学も運河に囲まれている。元々はお城だったので理解できる。
20200211_140716

セキュリティを抜けると戦車が我々を迎えてくれる。
20200210_123409

20200210_123355

この道を前進し会場のお城に向かう。
20200210_123256

お城の前の広場。ここでは学生による集合運動なども行われていたが、運用など、オランダ軍の能力や政策に関する写真はここに掲載しない。
20200210_123036

これが防衛大学校のお城。
20200211_135328


20200210_095709

20200211_093937

美しい中庭が我々を迎えてくれる。
20200210_122926

この奥の部分にあるのは…。
20200210_123009

学生用の食堂の入り口になっている。この時期はまだ寒いので、ジャケット等を皆着ており、ここにかかけてから食堂に入る。
20200210_122916

中庭にかけてあった。Hendrik Johan Kruls はオランダ軍将官。
20200210_122855

お城の中の模様。ここで最初と最後のゼミを行った。
20200210_095348

主催者であるオランダ軍将官のフランス。博士号所持者で、軍事問題だけでなく学問の世界にも精通する、驚くべき軍人。異なる専門性を持つ我々参加者をよくまとめていた。彼とは去年、オックスフォードで知り合い、今回一緒に仕事をしている。
20200211_131715

この部屋に飾ってあった、オランダ国王の肖像画。
20200210_095322

参加者の集合写真。
0.jpeg

お城から移動し、このビルの中で会議が行われた。
20200210_124720

入り口から見る一階と二階の模様。
20200210_124758

最上階から一階を見下ろすと、休み時間だったのか、学生らが歓談している。
20200210_100132

何度もお世話になった、無料のコーヒーマシン。
20200210_125135

大学構内にあった卒業式の写真。どこの軍事大学でも似たようなことが行われている。
20200210_125420

大学構内の教員室のドアに張られていたポスター。全くここに書かれている通りである。
20200210_125613

もう一人の主催者のティムによる説明。ティムともオックスフォードの学会で知り合い、今回を通してかなり仲が良くなった。この後2日に渡り多くの研究発表と長時間の議論が行われた。
20200210_104017

休み時間に会場を出て、大学校構内を少しあるいてみた。正門近くにあった面白いオブジェ。
20200210_123440

正門近くにはこの2つのチャペルがある。
20200210_123604

正門近くから見る、ブレダ中心地の様子。綺麗な街である。
20200210_123711

20200211_093529

20200210_123717

大学校敷地内のチャペル。
20200210_123742

20200210_123950

ドアが閉まっていたため残念ながら中には入れなかった。
20200210_123939

大学校構内で見つけた、面白い風刺画。どの国の軍隊も考えることは似ている。
20200210_124138

大学校構内の一部。
20200210_124502

20200211_135540

誰かと思えばアメリカ元大統領のアイゼンハワー。
20200211_135742

お城の前にある広場においてある鐘。
20200211_135427

20200211_135450


20200211_135414

夕食会で出た、インドネシア料理。写真はあまり上手く撮れなかったが、とても美味しかった。
20200210_181601

オランダ国立博物館にて

今回はオランダ国立博物館にて。これはスキポール空港に予定より早く着陸した後、スケジュールの合間を見つけて行ってきたもの。先日も書いたが、海外を訪れる場合はできる限りその国の博物館を訪れるようにしている。

20200209_082829

博物館前の公園。これはまだ開館前だが、この日のオランダは暴風雨で飛行機の遅延等が激しく、観光客の数が少ない日でもあった。
20200209_082851

左奥の建物がゴッホ美術館。本当はここも訪れたがったが、時間なく諦めた。また次回。
20200209_083116

では入館。開館時には数十人の列ができていた。日本人のツアーグループも少なくとも2つ見つけた。
20200209_083601

メインのロビー。
20200209_092611

20200209_090255

開館と同時に入ったので人の数は少なかった。
20200209_090657

兵器が出てくるとやはりそのスペースに刺激が入る。
20200209_090720

オランダ誇る巨匠、レンブラントの代表作、夜警
20200209_090808

20200209_090551

ゴッホの自画像。
20200209_091453

20200209_091537

20200209_090931

Abraham de Vries による作品。
20200209_090847

これまたレンブラントの「ユダヤの花嫁」
20200209_090834

20200209_091650

かつて植民地だったインドネシアの、ジャワの役人の画。右手手前にあるのが現地の村の様子。
20200209_091747

それをズームインしてみると、こうなっている。
20200209_091838

20200209_091850

20200209_092100

そしてナポレオン皇帝。まさかここにあるとは思わなかった。感激したまま、この後急いで路面電車でアムステルダム中央駅に戻り、特急で最終目的地のブレダに向かった。
20200209_092300

国際関係学会@ハワイ

来月行われる予定の国際関係学会に参加します。同様の方で、時間のありそうな方は学会前までにお気軽にご連絡下さい。是非ご挨拶したいと思います。

デルフトを1時間歩いてみると@オランダ

その朝は5時に起き始発に乗り、オランダのデルフトに着いた。駅の構内を歩くとそのモダンさに驚いた。そして綺麗だったのは駅だけでなかった。
20200212_080259

20200212_080207

オランダ人と日本人が共通する点はいくつもあるが、その中の一つが自転車に乗ることだろう。日本の駅のように、オランダの駅の近くにもこのような駐輪場が置いてある。ここデルフトでもそうだった。
20200212_080202

デルフト駅全景。
20200212_092053

デルフトの旧市街に向かって歩き出した。写真中央には旧教会が見える。少し左には水車も見える。
20200212_080922

オランダ全体がそうだが、この街には特に運河が多い。
20200212_081347

20200212_082549

旧市街の中心地である、Markt には駅から徒歩10分ほどで到着する。少しずつ明るくなってきた。
20200212_082057

Coffeecompany にて休憩。
20200212_083320

Markt 広場に着いた。これはデルフトの市役所。役所仕事でもここでやるとなると楽しいだろう。
20200212_082721

20200212_091211
20200212_082244

デルフトは国際法の父グロチウスの出身地。至る所で彼が祭られている。
20200212_090144

他の国でもそうだが、オランダも新旧がミックスされた建築やデザインが見られる。これは新教会の傍にて。
20200212_085949

デルフトの中心地にある、新教会を裏側から見るとこうなる。14世紀からあるようだ。
20200212_090222

新教会を正面から。まだ9時前ということもあり、冬の季節というのもあり、観光客は私以外にはいなかった。
20200212_085641

新教会から市役所を眺める。左の像はグロチウス。
20200212_090942



20200212_082421

20200212_091045


20200212_082643

20200212_085935

教会の裏側。既に静かな住宅街になっており、通勤するために駅に向かう人がこの辺りを自転車に乗っている。
20200212_090409

20200212_090503

20200212_090832


20200212_090436

20200212_090715

初めてみた、中華料理とスリナム料理のコンボ・レストラン。オランダの植民地だった時に移住してきたのだろう。機会があれば入ってみたい。
20200212_091607

知日派のトランプ政権入り

先ほど報道された、新しくトランプ政権入りする人物は東工大で博士号を取得しているようだ。

トランプの homeland security advisor に就任するのは Julia Nesheiwat 氏。学問的な専門分野はエネルギーのようだが、他にも諜報系の仕事にも精通し、何よりワシントンの人脈にも強そうだ。

参考まで。
月別アーカイブ