Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士号取得→アメリカ空軍戦争大学勤務→現在はセントルイス大学の政治学部で教えています。政治学部准教授、国際関係学科主任、そしてアジア学科主任。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ツイッターもどうぞ@norikatagiri1。

2020年08月

トルストイ「戦争と平和」日本語版読み始め

トルストイの「戦争と平和」の日本語版を読み始めた。

前回読んだのは英語版で20年以上前。

今学期は「戦争、平和、政治」のゼミを教えているため、なら「戦争と平和」も、と同時進行を開始。

ただ、読了するのと、このゼミのどちらかが早く終わるのかはわかりませんw。

主要研究大学政治学部の入試延期

3ヶ月前、プリンストンの社会学部が今年度の博士課程入試を取り止めたことを報じた。



今度はコロンビアやブラウンの政治学部もそれに倣うとのことである。





コロンビアの場合は政治学部だけでなく文系全体であるというからインパクトは大きい。

コロナがジョブ・マーケットに壊滅的なダメージを与え、大学運営側としては職に漏れた現存の大学院生のサバイバルに焦点を置かざるを得なくなったからである。

コロンビアやブラウンなど比較的資源のある大学でこれなら、他の大学も追随する可能性は高いだろう。

文春オンラインの「“武漢邦人救出”の壮絶な舞台裏」

文春オンラインの「“武漢邦人救出”の壮絶な舞台裏」の記事は面白い。



購読無しでは全文は読めないが、最初の部分だけでも当時の様子が伺える。

セントルイス大学のコロナ感染者数データ

私の大学がこれから毎日、コロナ感染者数のデータを公表するようだ。



8月10日に検査をし始め、現在までに4390人を検査。そのうち陽性が53人。

ここ10日間で109人を検査し、陽性は15人。

このまま学期末まで大学オープンで行くんじゃないかってw。

テニュアレター

アメリカのある大学からの依頼で、テニュアレター(終身雇用の外部審査)を書いている。

応募者のキャリアを大きく左右し兼ねない大役である。私がテニュアに上がったときも外部の専門家数名に審査を委託していた。

今回審査する側である私は与えられた書類を元に、時間をかけてしっかり書いている。


月別アーカイブ