Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士号取得→アメリカ空軍戦争大学勤務→現在はセントルイス大学の政治学部で教えています。政治学部准教授、国際関係学科主任、そしてアジア学科主任。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。

2020年09月

コスコで見かけたもの

すいません、懐かしくてつい買いたくなりました。400ドル。

20200921_121522

今週の授業は中国とアジアの安全保障

今週のゼミのトピックは中国とアジアの安全保障だった。

私の大学はヨーロッパの文化に焦点を置く傾向が強いため、中国や日本を含むアジアへの注目が弱い。それもあり、中国の政治や軍事問題の知識も疎い。

その傾向を打破すべく、この国際安保のゼミでも毎回、中国の軍事問題を取り上げている。

課題として出したランド研究所の資料には苦労したようだが、私の生徒は頑張り、中国を取りまくアジア全体の問題を多角的に議論することができた。そしてやはり、東南アジアにおける中国の影響力、特に南シナ海での中国軍の動きに注目する生徒が多かった。

一つ興味深かった点がある。ここ数年でアメリカ人による対中感情は悪化しているのだが、その見方がうちの大学の生徒にも結構浸透していた点である。これは単にこのゼミだけでなく、また、コロナ以前の問題で、一年生や二年生の授業でも共通している。



トランプ政権の対中政策の影響もあろうが、同時に中国の外交政策や内政の問題が、海外のメディアにより以前よりも批判的に報道されていることも考えられるだろう。

国際関係学科主催のイベント

11月の大統領選挙に合わせ、大学教授によるズームのイベントを行うことにした。トピックは「大統領選挙とアメリカ外交政策」。

担当する国際関係学科主催で、私がイベント冒頭、プログラムの説明を行う。司会は学生有志に任せ、講演は4人の同僚が行う。

講演者は女性にも声をかけていたが予定が合わなかったため、全員男性になった。

Screen Shot 2020-09-23 at 2.56.36 PM

キャンパス探索

昨日、大学の図書館に向かうがてら、キャンパスを少し歩いた。

20200921_134921

左の部分にハンモックが見える。そこで学生達が寝ていた。

20200921_135039

20200921_135051

普段と比べて、キャンパスを歩いている生徒の数が少ない。

20200921_135612

20200921_135251

20200921_135606

20200921_134757

秋の始まり2


最近明け方は寒くなってきた。気温は7度まで下がり、自動で暖房が入っている。これらの葉っぱももうすぐ散るだろう。

20200920_145745

20200920_145806

20200920_150159

20200920_150346
月別アーカイブ