ワシントンに着いた。フィリーからのバス停では旧友のパトリックが迎えに来てくれ、早速豪華なステーキの夕食で歓迎してくれた。昨夜は彼の家に泊めさせてもらい、今朝から新しく私の客員研究先である CDI (Center for Defense Information) に顔を出した。私は今後一年間、この研究所でストラウス・フェローという客員研究員の名を拝命し自分の博士論文に勤しむ事になる。

それにしても何という厚遇だろうか。いきなり大きなオフィス・スペースを与えられ、コンピューターから電話から何でも全て頂いた。安保系のシンクタンクなので軍事系・政治系の学術本が捨ててあり(大学ではないため)、最新の文庫を数冊頂いた。5年前あれだけ一生懸命働いた分返ってきたのかもしれない。

一方で、家探しに苦労している。昨夜過ごしたパトリックの場所は清潔面で大きな問題があり、寝ている間に「蚊ではない」、普通に飛んでいる中型の虫に数箇所刺されてしまった。私は前から少し皮膚が弱い。食事にも少し苦労しそうだ。シカゴといいワシントンといい、栄養価の低いものばかり食べているので、健康的な日本食が本当に恋しく思う。ま、人生のうちそういう時期も必要だろう。耐えるのみ。