60a86692.jpg
1.ケニア

アフリカ大陸でも珍しく政治・経済両面で安定していたこの元英国植民地も(1998年のテロ事件はさておき)、先週の大統領選挙後は文字通り一晩にして東アフリカでも最も不安定な国の一つに急降下。選挙で負けたとされるオディンガ氏、正統的な国内政治手段で再選挙を訴えない選択は正しいと思うが(勝ち目は薄い)、だからと言って路上で過激なデモを起こし内戦を始めたその判断力を私は疑う。今後仮に大統領に選ばれたとしてもこのような強行手段に訴える人物にどこまで期待できるか不安。

イメージwww.nytimes.com/slideshow/2008/01/01/world/20080101KENYA_5.html

2.キューバ

今年こそはカストロも引退か? と思い始めてもう半世紀近くが経過。弟ラウルのデビューはいつの日か。

3.パキスタン

先月のブット元首相の暗殺、パキスタン政府は直接関与を否定し同国ワジリスタン地方に暗躍するタリバンの責任を訴えた。ただそれにはアメリカも疑問視。長期に渡ってブットの政敵だったムシャラフ、そして政治的にやや独立した諜報機関のISIが疑われるのは当然。一方で、後継には息子が決まったそうだが(暫定的に夫が党首に就任)、彼はオックスフォード大在学中の19歳。

20cad529.jpg
4.ウクライナ

先日このブログで著者の独断と大偏見により The Most Beautiful Female Politician of the Year に選ばれたティモシェンカ氏(世界で一番の美人の女性有力政治家はこの人)。先月の投票でウクライナの首相に返り咲き。オレンジ革命の継続、そしてウクライナの西洋路線の再出発なるか。

彼女のブログ(http://www.tymoshenko.com.ua/eng/)、英語版まで用意して…。とくとご覧あれ!

5.ソマリア

93年の「モガディシオの戦い」「ブラック・ホーク・ダウン」で一躍有名になった「アフリカの角」ことソマリア。06年の夏から始まったイスラム法廷会議の反乱劇は、隣国エチオピアの陸軍を巻き込んで(というか後者が侵攻した)私の研究テーマである extra-systemic conflict に発展。2000年代前半は「失敗国家」の古典的な例として研究されていたこの国は今年も紛争で始まり紛争で終わりそう。