先ほどペンでの教え子の一人からメールが入り、今年秋からのイギリスの大学院修士課程での奨学金(2年間の学費やら生活費やら考えうる費用全て)を獲得したと連絡があった(参照:久しぶりの推薦状)。

Hooray!
 

この奨学金はアメリカで最も競争率の高い奨学金の一つで、ペン大学内だけでも優秀な生徒の間で激しい競争があったはず。私の推薦状がどこまで役に立ったかは分からないが、この生徒は私に一番に教えてくれた。俺も自分のように嬉しいぜ。

今まで何度も数々の生徒に推薦状を書いていろいろなサポートをしてきた。普通の大学院の受験にしろ、就職にしろ、ワシントンでのインターンシップへの推薦状にしろ、留学のための推薦状にしろ、誰一人拒まず書いてきた。けれども今回のほど有名で、長期に渡って大金を出す奨学金は初めて。2年間の授業料、生活費、健康保険、交通費、プラス小遣いなど全て合わせて、それに最近のポンド高を考えれば合計金額はゆうに一千万は超すと思う。彼女の行き先はまだ決まっていないが、とりあえずロンドン大学キングス・カレッジの戦争学部には合格していると聞いている。残りはオックスフォードとケンブリッジ! 幸運を祈る!

-----
Enya "The Memory Of The Trees"
http://www.youtube.com/watch?v=KIpt_BIrIzM