ここ数週間の間格闘し続けている日中関係の論文、ようやく一つの課題に絞ることができそうだ。ここまでで読破した書物は Kang の China Rising、サミュエルズの Securing Japan、そして Greg Austin と Stuart Harris の Japan and Greater China。最後の一冊が課題決定に一番役立った。

これで研究の的が絞れるから嬉しい。発表まであと5週間。