2a0ac4ec.jpg
今朝ネットを開くとデューク大からメールが一通あった。今年9月に開かれる、安全保障問題を専門にする卒業間近の博士候補のパネリストの一人としてデュークに招かれて自分の研究成果を発表できる事になった。これはデューク大、ノースカロライナ大(CH),ノースカロライナ州立大の3大学が集まってできたコンソーシアムがスポンサーしている学生会議。

毎年その分野の「新顔」が集まるその名も New Faces Conference という会議で、ドクター直前の研究者の間ではここ数年で人気の出てきたプログラムで、結構な競争率があったはず。3年前のスワモスのように、また新しい研究者の友達ができる事になった。嬉しー!

ただ一番嬉しいのはやはり、自分の博士論文の研究が学外にも認められつつあるという事。