学会1日目の夜は先輩のジューに夕食をご馳走になった後、ペンの政治学部のレセプションに参加。多くの教授陣、卒業した先輩方、そして同期や後輩大勢と集まって談笑。午後10時ごろ、ホテルに到着。翌日のポスター発表の準備をした後、疲れ切って就寝。

2日目、5時間の睡眠で疲れた体を無理やり起こしたのは朝6時。朝食中も発表の準備をして、午前10時、発表会場に赴き自分のポスターの掲示。ポスターでの発表は初めてだが準備は万端、そして内容にも自信あり。ただ実際始まってみると私のポスターを見に来てくれた人は誰一人おらず、訪問者で溢れる同じ時間帯の研究者を見ながら寂しい時間を過ごす。すると、コロンビアの友人のセバが私を訪れてくれた。5年ぶりの再会を楽しんでから昼食の約束をして別れる。正午過ぎ、私の発表が終わりセバと合流して学会会場の外で昼食。

一人になった午後3時過ぎMoss Park Armoury と呼ばれるカナダ軍主要予備軍の軍事訓練棟を偵察。写真を数枚取ってホテルに無事帰還。その後、ある日系スーパーに赴き日本食を購入。

夜は我が学部の国際関係学科主催のレセプションに参加。Reds Bistro & Bar というシブいバーの2階を借り切って行われた、アメリカ政治学会で唯一の国際関係学科のレセプションは毎年我が学部のブラウン・センターが主催する。昨日と同じ面子に加わるのはアメリカ全国の国際関係学者のオンパレード。多くの人と会話した後、セバを招待し二人でも楽しんだ。

その後、今度はコロンビア大政治学部のレセプションに招待され、1時間弱お邪魔する。ホテルに戻ったのは夜9時過ぎ。翌日の面接の準備をしながら就寝。