436fde26e26b83e9_84816217_xlarger昨日、病み上がりの中インフルエンザの注射を2発喰らってヘロヘロになりながら大学を後にしたのりっぺです。皆様こんにちは。

明日で大学も今年最後の日。今年も海外出張から論文提出やら、色々ありました。研究者の卵として、少しずつですが成長した気がします。毎日は楽しいけれど、同時に結構苦労もしております。

苦労と言えば、日本の外交政策。駐米大使が事実上の休日の日に国務長官から呼ばれて説教されただの報告があるが、特に心配する必要はない。オバマ政権の外交政策と民主党の政策はそもそも本質的に同じ方向に進むものではなく、このブログに書いたとおり、この程度の摩擦は想定済みである。実際私は、今後の日米関係は一般マスコミが言うところの悪化の一途をたどると思っている。我々一般市民は慣れるべきである。

そして同時に、国内外からこれから批判が強まるであろう民主党の外交政策は、その国内統一を維持するという理由で支持されるべきだと思う。私にとってはかつての自民党の外交政策よりもより親近感が沸くし、現時点の不安定性を除いてはその方向性に致命的な間違いは見られない。むしろ日本という国を世界のレベルでかつてよりもより強く、独立した責任のある外向政策に向かっている意味で、我々市民のサポートをこれからより一層必要になると思っている。

-----
イメージ
http://images.teamsugar.com/files/upl2/10/104169/08_2009/436fde26e26b83e9_84816217.xlarger.jpg