今日は初めて、軍隊の結婚式に参加した。普段から可愛がって貰っていた別の学部の方から招待され、基地にあるチャペルに赴いた。式自体は45分ほど、途中でアベマリアを聞いて荘厳な気持ちでチャペルを出た。式の最後はやはり軍隊、剣を持った将校たちの下をくぐって新郎新婦が出て行った。他の参加者も同僚が多かったので会話も弾んだし、綺麗な新婦との挨拶も楽しかった。

その後は基地のパーティ会場に赴き食事と同僚との会話を楽しんだ。そこでは私のボスである将官の方と数十分、サシで話す機会もあった。話は極めて個人的な分野に入り込み、お互いの人生観や価値観を混ぜ合わせながら笑いを取る、とても楽しい時間だった。私の授業の調子なども興味深く聞いてくれたりもした。

ところで、先日まで中央軍司令官だったペトラエウス将軍、実は私と同じ、エンヤのファンであったことを聞いた。