私が日本出身の人間だと知ると、今のアメリカ政治を見てどう思うか、と聞いてくるアメリカ人は多い。ここ数ヶ月の間続いている「荒れた」大統領選挙戦に不甲斐なさを感じているためだろう。先日、テロの授業をした高校の社会科教諭と話していて、I apologize for the state of American politics today と言われた。

普段から謝罪の声を聞くこと自体があまりない国で、しかも自分に責任があるわけでもないのにも関わらずである。もちろん、心の底から謝罪しているわけでもないだろう。どちらかというと初めて会った日本出身の人間との会話を進めるための一言に近い。

ただ私もアメリカ生活十数年である。この大統領選挙戦よりも酷い政治を見ている。オバマの業績も正直言えば大したことがないのであまり比較されないが、2000-2008年のブッシュもかなり酷かった。不必要なイラク戦争から2007年からの財政危機。 今のアメリカ社会はその影響を未だに引きずっている。なのであまり気にしないようにと返事している。