JBプレスでの織田空将の記事は良かった。

中国軍戦闘機による空自機への「攻撃行動」は政府の見解と多少異なるようだが、この種の見方が外に出てきてしまっているということは、恐らく実際の状況は本当に悪化しているのだろう。日本の主権が中国によって踏みにじられ、それを政府関係者がこのように公の場で認めているのである。日本が言う「尖閣問題は存在しない」という主張はそれこそ、そのまま存在せずに無くなってしまうのかもしれない。

もし織田空将の言うように、空自のパイロットが本当に戦域から離脱したのであれば、それ自体も問題であると感じる。武装し空を飛んでいても、中国軍機との戦闘エリアに入れば瞬く間にその空自機は逃げてゆく、というパターンを作り出しているのではないだろうか。今後の運用に不利に響く可能性がある。

このでの大きな問題は交戦規定である。既に何人もの専門家が指摘しているように、交戦規定の改正が必要である。日本の主権を守るために即した規定にすべきである。織田空将は「外交手段を取らない日本政府」を批判しているが、それだけでは足りない。外交だけではなく、軍事的な抑止力を戻すための措置が必要である。