トランプ政権の国家安全保障会議の西半球担当者が左遷された。原因はオフレコの場でトランプとバノンの悪口を言ったことのようだ。日本を含む東アジアの担当のパティンガーがどれ程安定しているかは不明だが、ここ数日の政権の不安定性と不確定性を考慮すると、情報収集の必要性が更に高まった。