客員研究員を務めさせて頂いている航空自衛隊の幹部学校からの依頼で、「エア・パワー研究」で出版するための論文を書いている。創刊号で寄稿させて頂いた名誉に続く良い機会である。

「「エア・パワー研究」は目黒基地の航空研究センターの刊行物で、主にセンター員の研究成果を掲載するものである。

今回の論文の内容はまだここには書けないが、トピックはサイバー攻撃に対する日本の防衛に関するもので、出版などの詳細が決まったら徐々に紹介したい。

特にアメリカなどでの文献を探り、日本のサイバー防衛がどのように研究されているのか、トランプ政権下のアメリカのサイバー防衛やサイバー攻撃の政策や戦略などはどのようなものなのか、などの点について書いている。