木曜日は一週間ぶりに職場に顔を出し、大学全体の研究会に出席した。20名ほどの教授陣が集まり、放校したアメリカ政府の機関に研究をアピール。参加者の大半は理系で気候変動やセントルイス地域の環境汚染、ドローンを用いたビジネス応用(写真下)など重要な研究を披露していた。

20170831_143234

文型の私は自分が進めている、東アジアの安全保障問題と中東におけるテロやゲリラ戦争の研究を発表した。参加者の反応はまずまずで、今後はこれに徐々に花が咲くことを祈っている。