クリスマスイブの前日から続いた氷点下の日々は明日の日曜日に終わる予定だ。この2週間の間、ここセントルイスでは0℃を越すことは一度もなかった。冬眠から覚める気分である。まるで春が始まるかのような感じである。

今回はマイナス22℃という珍しい体験もした。私が高校生だったときは毎日自転車に乗って最寄の駅に行っていたが、冬の時期になると「寒ィー」と思いながら手袋をしてペダルをこいでいた。豪雪地域で知られる越後湯沢に家族でスキーに行ったときも、積もりに積もった雪を見てこんなところがあったのか、と思っていた。

しかしそれでも流石にマイナス22℃まで下がることは無かったはずである。来週は少しずつ気温が上がるので楽しみだ。

今日は正午でもマイナス16℃だったけどね