毎年春、海軍兵学校ででは大学生の年次会議が開かれ、選ばれた学部生がアメリカの外交問題を様々な角度から議論し交流を深める。今まで私の大学は招待されていなかったが、年末に私が兵学校の代表と交渉し、今年より私の大学にも招待状が来るようになった。政治学部がスポンサーになり、海軍とコストを共有することになる。ただ、大学を代表できるのは僅か1名の生徒である。

冬休みを通して政治学部の学生を中心に参加者を募ってみると、先週の締め切りまでに8名の学部生が手を挙げ、履歴書と願書を提出してきた。今回、私が中心になり学部の別の教授と共に審査会を行い、代表の生徒を決めた。私もその教授もよく知っている、学部でもトップクラスの学生である。早速、その生徒におめでとうと伝え、オファーを出し、今後の方針を説明した。

この会議は私が博士候補だった数年前にもシニア・アドバイザーとして2度参加した、1960年から続く由緒ある国際会議である。陸軍兵学校のそれにも劣らず、海軍らしく参加者には会議の一環として船に乗せるサービスもあった。ちなみに日本の防衛大学もこの会議に学生を送ることがある。世界の裏側から日本人を代表してメリーランドの港で会議に出席するのである。日本にとっても、防大にとっても、その参加者にとっても、とても良いことだと思う。