ノリッチ大学の平和戦争研究センターのプロジェクトに参加している。アメリカで教職に就く数人の北朝鮮専門家と一緒に紀要を書くものである。先日そのメンバー5名と初めて電話会議を行い、今後の予定と論文の内容の打ち合わせを行った。

電話会議とは中々面白いものだ。アメリカ国内でも時差があるため、会議開始の時間は各々異なる。ましてや今回はメンバーの一人がドバイにいたため、その人にとっては現地時間の深夜での会議となっていたようだ。

今後はこの論文を7月末までに完成させ、9月に学会を開き、来年前半には紀要として発表される見通しだ。