パキスタン政府によると、パキスタンのエアライン操縦士の3分の1は偽造の免許を使っているとのこと。



パキスタンのエアラインに勤める860人のパイロットのうち、262名が試験を受けずに免許を取得しているという。非常に高い割合だ。

パキスタンでこの数なら、他の国でも蔓延している問題なのかもしれないと感じる。